1. まとめトップ
  2. カラダ

なにそれ…花見でかかりやすい「感染症」が怖い

おそろしや~。

更新日: 2016年03月16日

ぴー助さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
81 お気に入り 141467 view
お気に入り追加

まずはマダニが媒介する感染症

被害は3~4月の早い時期から増加し、山や公園、河川敷、草地と、身近な場所での存在が問題視されている

有効な治療薬やワクチンはなく、重症化すると死亡することも…。致死率は6~30%

肌の露出を抑える、サンダルを履かない、草の上に直接座らない、などの対策も重要

野良猫から感染するトキソプラズマ

寄生虫のトキソプラズマは、猫の糞や生の豚肉などから感染して、発熱などの症状を起こす

どこで食事をしているか分からない、野良猫などと触れ合うのは、止めた方が無難

触った手で食事した時に感染なんてことも。

地べたの糞から感染してしまうケースもあるので、ウエットティッシュなどがあれば便利かも。

まだまだ牡蠣がおいしい季節だけど…

ウイルス性胃腸炎の原因となるロタウイルス、流行ピークは3~4月

生牡蠣などの貝類から感染して、激しい嘔吐や下痢を繰りかえし、白い便が一日に何度も出る

嘔吐物がカーペットで乾燥すると、ホコリと一緒に舞ってしまい、口から入って感染する可能性もある

ウイルスが付着したドアノブや蛇口、リモコンなどに触れた手を、口に持っていくことで感染する

現時点でワクチンや治療薬は存在していない

花見で生牡蠣を食べる場合は十分注意を。

1





ぴー助さん

おしゃれなコトが大好きです~♪



  • 話題の動画をまとめよう