1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

小塚崇彦が現役引退を決めるまでの苦悩

小塚崇彦選手、本当にお疲れ様でした。

更新日: 2016年03月16日

tea_heartさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
47 お気に入り 110434 view
お気に入り追加

小塚崇彦選手が現役引退を決めた

2011年世界選手権銀メダリストの小塚崇彦が現役を引退することが分かった

なんかもう何言ってんだお前って感じだけど小塚崇彦ショックで寝込みそう

来季からの全日本に小塚崇彦いないの想像しただけで本気で堪える…

フィギュア選手のサラブレッドと呼ばれ、才能を発揮した日々

父が1968年グルノーブルオリンピック男子シングル日本代表。さらには、母親と、叔母もフィギュアスケート選手

彼を語る時に常に取りざたされるおじい様の光彦さんとお父様の嗣彦コーチから受け継いだ「フィギュア界のサラブレッド」という宿命

フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー冬季五輪代表、11年世界選手権銀メダリストになった

小塚崇彦 小塚くん。グランプリファイナル出場おめでとう!! 銀盤のサラブレッド!!!! 馬じゃねぇし。by小塚くん

馬じゃねぇは、彼がいつも抱えていたプレッシャーの現れかも。

決めるまでの苦悩の日々

複数の4回転ジャンプを跳ばないと上位争いはできないが、小塚は難易度のいちばん低い4回転トゥーループで、成功率が3割ほど

「4回転を複数入れたりSPに入れるという流れになってきている。これに関しては自分は少し遅れている」

ソチ五輪の代表選考を兼ねた全日本選手権で3位だったにもかかわらず、5位の髙橋大輔に代表の座を奪われてしまった

「股関節痛」(先天的に股関節が浅く、長年の負担により痛みを呼び起こしていることが後日判明)や右足の痛みで、思うように演じることが出来なくなっていた

そっか。でも、もうすぐかなって毎シーズン思っては来たよね。 お疲れ様でした。2014年の全日本、あの演技はずっと忘れません。大好きな選手でした。 【フィギュア】小塚崇彦が現役引退 11年世界選手権銀メダリスト(スポーツ報知) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-…

その後、この苦悩を支えてくれた彼女にプロポーズをしていた

小塚が跪いてプロポーズを行ったが、大島アナは「なになに」と思っていたという。小塚の目が潤んでいたのを見て、これを快諾

アイスショーの後に、小塚が大島アナをリンク中央へ。そこにはレッドカーペットが敷かれ、真ん中にスポットライトが当てられていた

「股関節のけがによるスランプでつらかった時期を支えてもらい、『スケートに戻ろう』と思わせてくれる存在になっていきました」

本当にお疲れ様でした。

1 2





tea_heartさん

紅茶厨です´◡`

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう