1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

やっぱカッコいい。「建築家がデザインしたアイテム」たち

3Dプリンタの恩恵はこんなところにも。

更新日: 2016年03月16日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
157 お気に入り 77532 view
お気に入り追加

◇ 建築家がデザインしたメガネケース

本体は板をレーザーカッターで加工したもので、切り離した部品同士をジグザグ部分で結合させ、プラモデルみたいに組み立てられます。ポイントはカーブする部分に細かなスリットが入っていること。

外装は塗装をしたり部品を付けたりして、自分なりのカスタマイズを楽しむこともできます。

作り方
1.MDFのパーツを切り取ります。
2.お好みに応じて塗装や穴あけ加工をします。
3.MDFのパーツに付属のフェルトを貼ります。
4.仮組をします。
5.仮組出来たら一度解体し、必要な個所に接着剤を塗布して組立てます。
6.組みあがったら完成です。

◇ 建築家がデザインしたハイヒール

スリーディーシステムズのSLA3Dプリンタで製作されたという、これらのシューズ。その素材は固いナイロンと、柔らかなゴム材です。

特にパンチが効いていたのは、バーケルさんの作品。 “歪んだ筒” のような、黒髪ボブの女性の後頭部のような、全くもって形容しがたいこの靴。中の足がどうなっているのかも分からない形状です。

◇ 建築家がデザインしたメガネ

メガネを単なるツールではなく、メディアにしたい。そのうえで最も浸透力のある方法としてクリエイターとのコラボを考えた

老眼鏡「マカロン」は、「着用時以外のことも含めてデザインしました」(青木氏)という。チェーン付きのマカロン型クリップ2つでメガネを挟み、首から提げておくことができる。老眼鏡自体は、シンプルな鼻眼鏡となっている。

◇ 建築家がデザインしたシューズ

ザハ氏とユナイテッドヌードがコラボレーションした靴「NOVA Shoe」は、「一切の先入観を持たず、既存のルールも無視して全く新しい形状の靴を生み出す」ことがコンセプト。

ビニール素材を型に流し込んで形を作った後、クロムメッキが施されています。一見、靴には全く見えないオブジェのようなダイナミックなデザインは、まるでザハが設計する建築そのもの!

◇ 建築家がデザインした猫のお家

人間の家はどんどん進化し、いろんな形がありますが、ペット用品売り場で売られているペットのケージは、未だに金属やプラスチックでできたいわゆる「カゴ」が主流で、現代の住まいに導入するには、画一的すぎるのかもしれません。

どれもネコがとっても喜びそうなアイディアに溢れるネコのおうちばかり。あなたのネコちゃんはいったいどこの建築事務所が設計したネコの住居がお好みでしょうか。

◇ 建築家がデザインしたバック

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう