1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

樹木やダイヤモンドも。「亡くなった人を○○にするサービス」が多様化しすぎてる

木になる。ダイヤモンドになる。ペンダントになる。ショットガンの実弾になる。アナログレコードになる。

更新日: 2016年09月11日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
294 お気に入り 78060 view
お気に入り追加

◇ 木になる。。

亡くなった人やペットの思い出として、その遺灰に種を蒔き、木を育てるという文化は日本ではあまりなじみがないと思うが、そんな行為をデジタルで手助けするDIY植木鉢キット

バイオス骨壷を植物とともに埋め、環境データにより成長を観察。木の種類により、バイオスインキューブは自動的に水を給水。

遺灰で樹木を育てる自然葬キット。人間は死後、木として生まれ変わる tabi-labo.com/153510/biosurn/ 私、死んだら地球のために木に生まれ変わりたかったから、こんな風に自然に還れるの嬉しい。買っておきたい。

遺灰で樹木を育てる自然葬キット。人間は死後、木として生まれ変わる tabi-labo.com/153510/biosurn/ @tabilabo_newsさんから ツルが飛ぶ天草の海に散骨してもらいたい。でも、海洋散骨の希望者が増えると、制約が出てくるかも。その時はオリーブの木になろうかな。

◇ ダイヤモンドになる。。

スイスのAlgordanza社が、故人の遺灰からダイヤモンドを作る技術を開発しました。

これまでも、生前に故人が愛用していたものを形見として受け継ぐ風習はよく見られましたが、これからは亡くなったあとも、日頃から身に着けるアクセサリとして故人と人生を共にすることができるようになりそうです。

遺灰を地球のマグマほどもある圧力と熱にかけ、圧縮してダイヤモンドにするんだとか。もちろん、素材となる遺灰に、要望がなければその他の不純物を混ぜることはなく、事前に遺骨や遺灰のなかから抽出した炭素のみが使われます。

死んだらダイヤモンドになりたいけど遺灰ダイヤ高ぇー

遺灰をダイヤモンドにするっていうの、ちょっといいな。 もしも自分が夭逝するようなことになったら、ダイヤモンドにしてもらって、身内に身に付けてもらって、もう少しの間一緒に過ごせたらなぁ、なんて。何かの節目に手放してもらってくれたら、と。 いや、死ぬ予定はないけれど。

◇ ペンダントになる。。

愛する者の思い出を形に変え、美しいジュエリーを作り上げている。亡くなった人の遺灰を使い、丸いガラス玉の中に息をのむほどに美しい宇宙を閉じ込めたようなペンダントを製作するのだ。

高品質ガラスの中に、大切に保管された遺灰。ひとつひとつ手製で作られているというアクセサリーを目にしても、いったい誰が中に遺灰が入っていることが想像できるでしょうか。

ペンダントは故人の思い出を保ちつつ、かつ宇宙の美しさを表現するように作られているそうです。

遺灰宇宙ペンダントもきれいだな・・・でも私はやっぱ圧縮ダイアモンドがいいかな、なんとなくこっちのほうがハガレンの賢者の石みたいなやっちゃいけない感を強く感じる。はいとくかん?

◇ ショットガンの実弾になる。。

Holy Smoke社。よい名前だと思うが、実はこの会社は、ライフルやショットガン(散弾銃)の実弾に故人の遺灰を詰めるというサーヴィスを提供している。

米国では、遺灰をショットガンやライフル銃の実弾に詰めてくれるサービスが提供されている。暖炉に飾るための箱も買えるが、実際に使うこともできる。

同社は遺灰を、標準的な口径の散弾銃の実弾250発、拳銃の実弾250発、あるいはライフル銃の実弾100発に分けて入れてくれる。

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう