1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

キングコング 西野の「芸人じゃない活動」が最近、面白くなってきている

かつて芸人として乗りに乗っていたキングコング 西野亮廣。しかし、ある時からテレビに出演することが少なりました。その間に色々とおもしろいことをやっていたみたいです。

更新日: 2016年03月16日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
191 お気に入り 590242 view
お気に入り追加

かつて芸人として乗りに乗っていたキングコング 西野亮廣

デビュー翌年にNHK上方漫才コンテスト最優秀賞を受賞するなど若くして実力派として評価

08年には関東地区で平均視聴率24・1%を記録し、同年の上位30番組の中に名を連ねた

西野は、その“ひな壇”のポジションを捨てるつもりだという。9日に投稿したツイートで「ひな壇に座らないと決めました」と宣言

今のその活動が徐々におもしろくなっている

吉本興業に所属するキングコングの西野亮廣が、芸人としての活動の幅を広げている

絵本の制作と販売をはじめ、大人のための学校や渋谷区のゴミ拾いなど、今年は様々な新プロジェクトを進行

絵が非常に上手いことは有名

本業の漫才はもとより、絵本作家や脚本家としての顔も持ち合わせています

「サーカス!」という大人の学校を主宰している

西野校長が、トークのプロであるお笑い芸人やその道を極めたプロなど、さまざまな分野から“先生”を招聘(しょうへい)

学校自体をエンタメ化することでインプットの効率もよくなると西野は話します

商魂もすごいらしい

ビジネスに対する嗅覚がずば抜けて凄いんですよ。全芸人、全社員合わせてもトップクラスじゃないですか

2003年から始めた西野の単独ライブ。2,000枚のチケットを手売りで売り切ったという西野

手売りやったら、直に喋るから、来てくれた人が喋ったあとに「もう一枚ください」とか、「友だち一人呼んできます」とかなるんですよ

2,000枚ものチケットは、チケットぴあなどのプレイガイドを通さず西野自ら手売りしたというから驚きだ

他人の人生にも大きな影響をもたらしてしまう

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう