1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「SNS上の間接自慢」それ、けっこうバレてるかもですよ

「SNSでの自慢」が鬱陶しいなあと思ったことある人も多いかもしれません。そんなご時世、「間接自慢」という新たな自慢方法が確立されつつあるらしいですが、それ、けっこうバレてるかもしれません。

更新日: 2016年03月16日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
92 お気に入り 346219 view
お気に入り追加

「SNSでの自慢」が鬱陶しいなあと思ったことある?

Photo by Christopher Robbins / DigitalVision

オシャレ自慢や仲良し自慢etc、いまやSNSはリア充アピールの画像であふれ返っていると言っても過言ではない

「リア充写真」はその溢れんばかりの「幸せ感」によって、周囲、とくに恋人のいない人間からは「ウザい」「自慢屋」「イヤミなやつ」という反感まで買ってしまう恐れがあります

Facebookでは充実した生活を日々紹介している素敵な人々に対して嫉妬する人は結構いらっしゃいますよね

そんなご時世、「間接自慢」という新たな自慢方法が確立されつつあるらしい

Photo by David De Lossy / Photodisc

その名の通り、さりげなく自慢ポイントを映り込ませること

Photo by Photodisc / Photodisc

「間接自慢」とは、Twitterやブログなど、ソーシャルメディアにUpする写真にメインの被写体とは別の「真の自慢ポイント」を写り込ませる行為を指すという

「間接自慢」とは、SNSに投稿した写真の背景に、さりげなく彼氏の腕を写り込ませるようなテクニックを指すらしい

ディナーの料理を写した写真のフレーム端に、異性の体の一部を写すといった恋人自慢も、「間接自慢」にあたる

例えば、こんなの

Photo by Thomas Northcut / Photodisc

はっきりと恋人の存在を名言はしないものの、「景色やケーキを撮ろうとしたら写っちゃったな~、参ったな~」という体でしっかりとリア充アピールしている写真です

中央に紙袋が数個写っているだけの画像をアップした女性。何ら自慢要素もないように思えるのだが、写真の隅に撮影者本人のキレイにネイルされた足元が写っていた。じつはこのネイルを自慢したかったのだ

「車の窓から大好きな東京タワーが見える」と投稿された車窓写真によく見るとフェラーリのダッシュボードとエンブレムが写り込んでいる

カフェのケーキや、旅行先の景色の写真の画面の端に、なんか誰かの手が写っている……なんていう写真を見たことはありませんか?

夕暮れの遊園地の観覧車、というよくあるオシャレ写真に、「楽しかったなぁ。しあわせ」とかの一行を添える

「嫌われたくないけど、自慢したい」という心理みたい

Photo by Siri Stafford / DigitalVision

現在のソーシャルな関係性の場では、個人の中に「自慢はしたい」が「あからさまに目立ちたくはない」といった心理が強く働くのだという

「間接自慢」とはイタイと思われないための、細部にこだわった差別化や間接的な表現をする新たな自己PR方法だという

「秘すれば花」のごとく、もはや若者達の間接自慢は文化ともいうべき精神性に達しているのかもしれない

日本ではそもそもあからさまな自慢が嫌われるというところが前提条件になっているということを理解すると分かりやすいかもしれません

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう