1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

権利あるのに、どうして?…高校生の政治活動「届出制」が話題になっている

愛媛県の公立高校でこのほど、生徒がデモや集会などの政治活動に参加する際に、「許可・届出」制を導入するなどの校則改訂の動きがあることがわかりました。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月16日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 13559 view
お気に入り追加

○愛媛県教委が高校生の政治活動「許可・届出」制の導入指示

愛媛県の公立高校でこのほど、生徒がデモや集会などの政治活動に参加する際に、「許可・届出」制を導入するなどの校則改訂の動きがあることがわかりました。

高校生が校外のデモや集会に参加するのに学校に届け出なければならない。

愛媛県教育委員会は、届け出制の導入について「各学校で判断」との姿勢を示しており、校則改訂についても事実確認を拒否しています。

○届け出制は、政治参加の意欲萎縮につながると批判も出ている

高校生の政治活動をめぐっては、安全配慮義務の観点から、デモや政治集会に参加する場合には学校への届け出制を検討している教委もある。

このような届け出制は、政治参加の意欲や意識の萎縮につながると指摘する専門家もいる。

届け出制は高校生の活動を萎縮させ政治参加の自由を損なうとして、高校生団体のほか、国会議員からも反対の声が出ている。

えー高校生の政治活動届け出校則にするって、愛媛県何考えてんの

社会で生きるということは多かれ少なかれほぼすべての行為が政治に関わってくる だからその政治に関して意見を表明し、行動することは、どの世代においても自由に出来なきゃいけない 高校生は政治活動を学校に届け出なきゃいけないなんてのはおかしいよ

○いままでは高校生の政治活動は認められていなかった

高校生の政治活動をめぐっては、文部省(当時)が昭和44年の通知で禁止。

選挙期間中に電話で知人に投票を呼びかけるなどの選挙運動は、これまで二十歳以上に認められていた。

○投票年齢引き下げに伴い、高校生の政治活動が認められた

だが、文部科学省が昨年10月、18歳選挙権移行を機に、放課後や休日に校外で行う活動を容認。

十八歳以上への投票年齢引き下げに伴い、デモや集会参加など高校生の校外での政治活動が認められた。

文部科学省は昨年通知を見直し、「家庭の理解の下で行う」と、校外の政治活動を容認する考えを示していた。

○神戸市では「学校への届け出は不要」と判断

神戸市立全9高校(定時制含む)が「学校への届け出は不要」と判断したことが7日、同市教育委員会への取材で分かった。

「校外活動は家庭の理解の下で行う」とする文部科学省通知などを受け、決定した。

市教委は「あくまで現時点での判断。違法な政治活動など問題が判明すれば判断を見直す」としている。

○このニュースについてネットでも話題になっている

高校生の政治活動を学校に届け出るそうなんだが、外国ではどうなっているんだろう。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう