1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

嫌われてもいい!覚悟ができると人間関係が超ラクになる

職場やプライベートの人間関係や人付き合いで悩んだ時ってどうしていますか?アドラー心理学を参考に人間関係がラクになる考え方を紹介します。

更新日: 2016年03月17日

1279 お気に入り 223004 view
お気に入り追加

人間関係で悩んだ時ってどうしていますか?

対人関係の悩みでアドラー心理学が注目を集めています。人間関係をウマくやるコツのお話です。

仕事でもプライベートでも、人間関係に悩みがあるという人は多い。「人間の悩みのすべてが人間関係に関する悩みである」

確かに、アドラーが言うように、現代社会でも仕事の悩みで最も多いのが人間関係によるもの

新しい環境と場所、新しい人間関係、新しい仕事に接した際は、しばしば「自分は本当にこの職場に合っているのだろうか?」

「言いたいことが言えなかった」、あるいは「言い過ぎてしまった」といった悩み

社会生活の中では、我慢して人と話をしなければならない場面もあります。

人生において人間関係ほど面白くて面倒くさいものはないと感じる

度々話題になるアドラーという名前を聞いたことがありますか?

嫌われる勇気、おすすめです。 アドラー心理学の入門書の様なもので、対話形式ですごく分かりやすい。 私も知らぬ内に人に嫌われたくないという感情から行動してるとこの本に気付かされました。 続編が出たので、それも読んでみようと思います。 pic.twitter.com/B7IldSFwVb

オーストリア出身の精神科医、アルフレッド・アドラーが20世紀初頭に創設した、まったく新しい心理学です。我が国では現在、その創始者の名をとって「アドラー心理学」と呼ぶことが一般的になっています。

嫌われる勇気を持てば、他人の言動に左右されることなく、自分の人生を自分らしく歩むことができる。

「課題の分離」という考え方をすることです。そして自分の課題には他者を一切介入させず、他者の課題には自分は一切介入しない。

そもそも人付き合いや人間関係の問題点は?

人と関わる上で重要なのが、常日頃の人間関係です。人間関係の良し悪しは、その人の人生の幸福度にも、大きな影響を及ぼします。

ほとんどの人は、人に嫌われたくない、好かれたいと思って生きていると思います。しかし、それは不自由な生き方です。

人付き合いが面倒な理由を一言でいうと、「他人軸の考え方をしているから」です。

では、人間関係に悩んだらどうすば良いのか?

オドオドした態度をとっていると、向こうからすると「なに? 私のこと、キライなの?」と思ってしまいます。

すると、自然と一線をひいたり、敵扱いしたくなったりするのが人間

相手の顔色を見てビクビクするような関係や、相手に認めてもらうことだけを目的にしてしまうような人間関係は避けるべき

「自分勝手はダメだ」と思っているのであれば、反対側の「自分勝手」に振れてみるのです。すると、自分勝手はダメだと思っていたのは自分だけだと気づく

どちらもマルという状態になった時に、自分が心地良いと感じる方を選べばいいのです。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう