1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ショーンK氏のウソはダメ...だけど「逆にすごい」声も

次々と経歴詐称が明らかになるショーンK氏。厳しい声の一方で、ここまで活躍していたのがすごいという声もあがっているみたいです。

更新日: 2016年03月17日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
79 お気に入り 848117 view
お気に入り追加

学歴詐称が明らかになり自粛を発表したショーンK氏

2016年3月24日発売の週刊文春に「ショーンKの嘘」という記事が掲載されています

同誌の取材に応じた川上氏はテンプル大学で学位は取得しておらず、パリの大学もオープンキャンパスを聴講しただけ。さらに、ビジネススクールも3日のコースを受講しただけでMBAも持っていないことを認めたという

「ユアタイム」を含め現在出演中のテレビ、ラジオ番組、来月開局するテレビ朝日系のインターネット放送の計6番組に辞退を申し入れていた

さらに学歴だけでなく様々な疑惑も出てきている

Photo by George Marks / Retrofile

芸能界からも厳しい声が上がっていた

「認めているということは致し方ないのかな。これはダメですよね」とバッサリと切り捨てた

「嘘ついたということでしょ? 自分を偽って、いかにも『すごいでしょ』という風にやってたということは、これはダメだと思いますけどね」と投げかけた

「謝り方、謝罪の仕方がよくない。間違えたではなく、意図的なものにしかとらえられない」と、コメントした

経歴詐称は“間違い”ではなく、故意だったのではないかと突っ込み、テリー伊藤が「そこは弁護士と練って、練ってね」とコメント

アメリカ人の父親を持つ、とされることなどが紹介されても、中田は「でも本名は川上伸一郎さんなんですよね?」と、納得いかない様子だった

「初めて夜のニュースで見たとき、あまりに出来過ぎた人だと思って、夫と税理士さんに『出来過ぎた人が出てきたよ』と報告したぐらい」

真矢ミキが「ショーンKさん、日本人の方なんですか?」と多くの人が抱いていた疑問を素直に口にした

一方で「逆にすごい」という声も少なくない

Photo by Image Source / DigitalVision

Twitterでも、「ショーンKを初めて見たとき、胡散臭そうだと思ったけど、コメントはいい人だと記憶」というつぶやきもあり、セミナーの話やコメントは「よかった」という声もあるようです

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう