1. まとめトップ
  2. 雑学

好きだから尽くしたくなるけど…これが男性の負担になってるみたい

大切な人や好きな人には「尽くしてあげたい!」と思いますよね。特に女性はその傾向が強いかも知れません。でも、その尽くすと言う行為が実は男性の負担になっているかも知れません。尽くされる側の男性心理などをまとめてみました。

更新日: 2016年03月20日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
158 お気に入り 88371 view
お気に入り追加

▼大切な人だから。好きだから尽くしたくなる。

自分に出来ることをしてあげたい。
自分がしてあげたことで喜んでもらいたい。

尽くすことに喜びを感じる瞬間がたくさんあるもの

恋愛にはより愛情の大きい方が、相手に対して奢ってあげたり、
頼まれごとに応じたりするという法則があります。

尽くされたい!愛されたい!という願望もあるものの、やっぱり好きな人には尽くしてあげたい。

「好きな男性のために何かしたい」という純粋な思い

▼ダメだなぁ…と思いつつもつい尽くしちゃうよね。

男運が悪いんじゃなくて 自分がダメ男にしてるんだ。。 尽くしすぎるとダメだね。

流されやすいしやってと言われたら断れないし相手に尽くしすぎるタイプだしアアア

結局好きすきすき〜って 心では思ってても態度に 出して尽くしすぎると 上手くいかないんだな

▼尽くすってどういうことなんだろう?尽くす女ってどういう人?

あなた自身が「尽くす恋愛」をしていませんか?

「真剣に尽くす」「連絡が来たらすぐに返事を返す」
「いつでも最優先で会う」「相手に何かあったときに心配する」。

「尽くす女」。古くから演歌や小説などでは、
「情が深く、いい女」そんな風に描かれているものも沢山あります。

よく恋愛の言葉上で「尽くす女」という言葉がありますが、これは彼氏の事が大好きで、好きすぎるあまりに何でも世話を焼いて、尽くしすぎてしまう女性のことを指します。

▼尽くすという行為…それが彼に負担をかけているのかも知れない。

良かれと思ってやってることが、かえって彼の負担になってしまうことも。

「尽くす」は時に相手に負担になります。

相手にとっては負担になるだけ。尽くしすぎるほど尽くされるほど、自分は同じ分量だけ返せないと感じてしまう

女性が「尽くすこと」に夢中になると、次第に男性の「恋愛への意欲」を取り去ってしまい、「その女性を好きなのか、よく分からなくなってしまう」という現象が起きてくると言われています。

▼尽くされると「重い」「ストレスが溜まる」男性も。

これは女性も同じですよね。
尽くされすぎると鬱陶しい…と感じてしまう。

女性と違い、基本的に尽くされることに価値を感じない。

べったりいつも一緒にいられると、彼もストレスが溜まってしまい、自然とあなたに対して冷たく当たるようになるでしょう。

▼男性から「当たり前」と思われてしまうことも。

「やってくれて当たり前」と思われてしまう。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう