1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

すごい!視聴率不調だったあのドラマが終盤で大逆転!!

一桁続出…視聴率的には苦戦しまくっていた今期ドラマ。しかしそんな中,終盤戦で評価を上げてきているドラマが多い!『ダメ恋』,『フラジャイル』,『相棒』など有終の美を飾ってくれました!そして暗すぎて不評だったあのドラマも…待ちきれずまとめてみました。

更新日: 2016年03月17日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
63 お気に入り 462181 view
お気に入り追加

視聴率不調が多かった印象のある今期ドラマ

今クールは12番組中、5番組しか2ケタを取れない低調な出足。

初回視聴率がもうすでにやばかった…

初回視聴率は、『スペシャリスト』(テレビ朝日系)が17.1%、『怪盗 山猫』(日本テレビ系)が14.3%、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)が11.6%を記録する一方、半数を超える作品がひとケタに留まるなど、はっきり明暗が分かれた。

どうなんだろう、前クールよりちょっと面白いドラマが少なくなったような気がした

こんな声も…

でも実は不調だったあのドラマが終盤で巻き返しています!!

ロスになる人多い…『ダメな私に恋してください』が右肩上がり!

深田恭子にとって、『女はそれを許さない』(TBS系/2014年10月期)以来、1年3カ月ぶりの連ドラ主演となった『ダメな私に恋してください』(TBS系/火曜午後10時~)が苦戦している。

「深キョンがダメ女なら私は何なの...」「深田恭子のビジュアルでモテないわけない」とツッコミが殺到し、女性層の反感を買いそうだとの予測も生まれ、大爆死の予感すら漂っていた。

最終回が15日に放送され、平均視聴率が10.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)だったことが分かった。

見事な巻き返し!

最終回放送後、ネット上では「久しぶりにキュンキュンした」「ダメ恋ロスになっちゃいそう」などと終了を惜しむ声が続出。

主演・深田の“最強愛されキャラ”好演や三浦翔平演じる“最上くん”のイケメンぶりも話題に。2人が劇中で着用したアイテムが売り切れるなど、社会現象を巻き起こすほどの人気を集めた。

Yahoo!検索のトレンドでも「ダメ恋 主任ロス」が1位(3月16日時点)となっており、熱烈なファンがいた事がわかる。

有終の美を飾った…『フラジャイル』が最終回で魅せた!

放送開始前の『フラジャイル』の前評判は高くなかった。医療ドラマはおおむね人気だが、舞台となっているのは一般になじみの薄い病理診断科。

第2話と第3話で10.0%をマークしたが、あとは1ケタ台。第6話は9.2%と自己ワースト。

「専門用語が多すぎてついていけない」「医療従事者から見ればあり得ない話ばかり」と、医療モノにありがちな批判が巻き起こっている。

堀北真希(27)主演による『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系)と、TOKIOの長瀬智也(37)主演の『フラジャイル』(フジテレビ系)による視聴率争いに注目が集まっていた。

初回は『ヒガンバナ』が11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、9.6%の『フラジャイル』を制した。

しかし…

「フラジャイル」の最終回の平均視聴率が10.5%だったことが17日に分かった。全10話の平均は9.8%で、裏番組の「ヒガンバナ」の9.6%を上回った。

フラジャイルはくせの強い主人公のキャラが長瀬にはまっている。王道のつくりがいい味を出しており、ヒガンバナを上回る勢いとなっている

#フラジャイル フラジャイルでまさかキスシーン観れると思わんかった…きゃっ❤️❤️しゅってっき! そして小出恵介くんあっさり死んでしまったな…(இдஇ`。) 辛い…。 儚い恋…いいねえー。萌えるぜっ!! pic.twitter.com/Xq8E745ggj

最終回のキスシーンも話題に♡

一時期低迷していた『相棒』も堂々のラスト!

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。
みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう