1. まとめトップ
  2. 雑学

人ごとじゃない?多発するトンネル事故に遭ったらどうすればいい?

3月17日午前、広島県東広島市の山陽自動車道の八本松トンネルで多重事故が発生しました。自動車などのトンネル事故に遭ったらどうすればよいのでしょうか?

更新日: 2016年03月17日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
44 お気に入り 52178 view
お気に入り追加

●山陽自動車道のトンネルで起きた多重事故

2人が死亡したほか、東広島市消防局によると、煙を吸うなどして71人が負傷した。ほとんどは軽症。

内1人は、心肺停止の状態で見つかり、病院で死亡が確認された竹原市の会社員・丸岡節枝さん(65)。

・ネットでは、事故の様子を投稿する人も‥

山の向こうから黒い煙。 山陽道で事故らしい。 八本松から山陽道方面を撮った。 #山陽道 #高速 #事故 pic.twitter.com/x1jrMcXvdY

消防車賑やかで近いと思ったら山陽道事故だったんだね~ 通行止めらしい! みなさん気をつけて! pic.twitter.com/InEcotl94V

●事故が起きたのは「八本松トンネル」出口から約200m付近

山陽自動車道のトンネルで起きた衝突・炎上事故は、山陽道下り線の八本松トンネルで起きた。

840メートルあるトンネルの、その出口から、およそ200メートルの場所

渋滞中の車の列に後ろから走ってきたトラックが突っ込みました。

・当時の事故状況

県警や西日本高速道路などによると、同日午前4時すぎ、事故現場から5〜6キロ離れた場所で、大型貨物車の接触があった。

その影響で、トンネル内でも渋滞が発生していたところに、後続の車が衝突したとみられる。

トンネルの中にいた車の運転手ら約70に人が避難し、火は午前9時前にはほぼ消し止められた。

・トンネルにはスプリンクラーを設置していなかった

西日本高速道路によると、下りは二車線で、トンネル内は緩やかな左カーブの下り勾配。

スプリンクラーはなく、消火栓と消火器が五十メートルおきに設置してあるという。

スプリンクラーや火災報知機は、必要に応じて設置することになっているという

・一方、車50~60台がトンネル内に残されていたことが判明

東広島市消防局によると、煙を吸うなどして70人以上が症状を訴え、68人を搬送した。

車50~60台がトンネル内に残されていたことが17日、県警への取材で分かった。

事故の影響で山陽道は下りが西条―志和間、上りが広島東―西条間が通行止めとなった。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう