1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「打者としてメジャーへ...」イチローが"打者・大谷翔平"を評価する理由。

まさに規格外。もはや常識の範囲内に収まらない存在である「二刀流」大谷翔平。昨年は、投手として3冠とタイトルを総なめにし日本のエースへと成長した。一方で打者としては、今ひとつだった。それでもイチローは、打者・大谷翔平を評価しているそうです。

更新日: 2016年03月18日

ayumickey512さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 170941 view
お気に入り追加

■まさに規格外。もはや常識の範囲内に収まらない存在である「二刀流」大谷翔平。

不世出の逸材として投手、打者の「二刀流」に挑み続けるプロ野球北海道日本ハムファイターズの大谷翔平

日本人離れした体格をもっており、その巨体から投げられるストレートは日本最高速度の162キロを記録。

高校卒業と同時にプロ野球の世界に入り、投手、野手の両方で1年目から活躍してきた。2年目には投手として10勝、野手として10本塁打を記録

■昨シーズンは、「投手3冠」に輝くなど日本のエースへと成長し「プレミア12」にも出場。

2015年シーズンはプロ3年目だったのにもかかわらずピッチャーとして大きく飛躍

■「二刀流」での活躍を目指す大谷だったが打者・大谷翔平は、大不振へ陥った。

前半戦は不振に陥り、打率1割8分5厘、3本塁打、12打点。スタメン出場は7月7日のロッテ戦(QVCマリン)が最後で、後半戦は代打のみだった。

■メジャーリーガーのダルビッシュ有や田中将大らは、「投手・大谷翔平」を高く評価している。

「プロ野球の人気を考えれば見ていて面白いし興味があることになると思うけど、本人がメジャーに行きたいと思った時は絶対に足を引っ張ることになる。二刀流では絶対メジャーに行けないじゃないですか」

投手と打者のどちらに絞るべきかについては「ピッチャーですよ」と即答。「ナンバーワンになれる可能性があるとしたら投手なので。ナンバーワンになれる可能性を取ったほうがいい」と話していた。

その才能を認めながらも「ピッチャー1本でも見てみたい」

●打者としてよりも投手としての活躍が目立つ大谷に、ファンからは「投手一本で」との声が多い。

■そんな中、「打者としてメジャーに挑戦して」と打者としての才能を高く評価した人がいる。

▼日本が世界に誇るスーパースター、マーリンズ・イチローだ!

大谷翔平がイチローと食事をした際に言われた事だそうです。

1 2





ayumickey512さん

「訪問者にわかりやすく」をモットーにまとめます。
ぜひご覧ください。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう