1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

なんだと…「アプリ終了」してもiPhoneの電池は長持ちしない

iPhoneのホームボタンを2回連打してアプリを終了させれば電池が持つ…そう思っていたんですが全然関係ないようです(ノД`)

更新日: 2016年03月18日

shiroarisaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
197 お気に入り 151236 view
お気に入り追加

電池が長持ちすると噂される「アプリ終了」テク

ホームボタンを2回連打すると、起動中のアプリを終了できる。

使っていないアプリを終了すれば、iPhoneのバッテリーが長く持つ

こういう風に噂というか常識に近い感じで、iPhoneユーザーに広まってますよね。

バッテリーが長持ちするのではと思い、iPhoneを触る度にバックグラウンドのアプリを閉じるクセがついている人も多い

iPhoneのホームボタン2回押して溜まってるやつスクロールしようとした時に流してる音楽アプリ間違えてスクロールした時の萎える感じって凄い

これ、あるあるですねw

「アプリ終了」を頑張っても無意味だった…

そんな…毎回ポチポチして終わらせてたのに!

Apple社のSoftware engineering担当副社長のCraig Federighi氏によると「アプリを消してもバッテリーの長持ちには影響しない」と認めた

ホームボタンを押してアプリを非アクティブ化すると、ほとんどのアプリは「サスペンド状態」になりバッテリーの消費をやめる

iOSでは、見えているアプリの他に数十のアプリ(サービス)が動作しており、見えるアプリが多少増えても、ほとんど影響しない

アプリ終了させてもバッテリー消費変わらない…?!?そんな

IPhoneのホームボタンを2回押してアプリを終了させても電池の節約にならないのを今日知って、衝撃!もうやめます!!

iPhoneのアプリを終了させてもバッテリーは長持ちしないとのこと。 個人的に信じられないんだよなー。長持ちすると思うんだけどなー(自信ナシ)

この事実を知っても信じられない気持ち…解ります!

電池に関係ないなら、なんでこんな操作できるの?

アプリを終了させる動作は「強制終了」と呼ばれ、アプリの動作がおかしいときに使う操作

アプリはすばやく操作して、マルチタスクで扱えるようにするための機能

アプリを素早く切り替えるための便利機能。

アプリが反応しなくなった場合を除けば、アプリを強制的に閉じる必要はない

マジか…。

ちょっと待った。電池に影響する「アプリ」もある!

設定の「バッテリー」でアプリごとの電池使用量が確認できる。

バックグラウンドアプリの更新、通知、また位置情報サービスがずっとオンになっているようなアプリは、かなりバッテリーを消費する

Google Mapsなど位置情報などを使っているアプリは、終了させたほうがいいようです。

電池を長持ちさせる、1番の設定方法とは?

バッテリーがすぐ飛んでしまわないように、設定を見直しましょう!

「ローパワーモードをオンにする/画面の明るさを落とす」など、古典的なバッテリーの節約方法が有効

「Appのバックグラウンド更新」を確かめ、バックグラウンド更新をオフにしたり、アプリを終了する

設定アプリの「一般」→「Appのバックグラウンド更新」から設定が出来ます。

熱がよくない!電池を弱らせる「NG充電法」

出典gori.me

バッテリーの劣化を進めてしまう、ダメな使用法もあります。

ケースを付けたまま充電するとバッテリーに良くない

ケースによっては、充電によって発せられた熱がうまく放熱できず裸で充電するよりもバッテリーにダメージを与えてしまう

充電しながら、ゲームやYouTube動画を見ると、バッテリーが発熱して劣化が進む

1日何回も充電したり、寝るときに充電したまま放置するのも熱を持ちすぎて良くない。

1





shiroarisaさん

いまからまとめちゃうぞ~



  • 話題の動画をまとめよう