1. まとめトップ
  2. 雑学

弁護士が教えてくれる「ぼったくりバー」の対処法

ぼったくりバーは、普通の店と全く見分けがつかないと言われています。気をつけて…!

更新日: 2016年03月21日

206 お気に入り 164962 view
お気に入り追加

入ってしまうと、逃げられない。。

会員費云々と言われて、個室で警察も呼べる状況でもなく、いかにも強面の男2人に囲まれていたので危険を回避すべく一旦払い、警察に被害届を出しました。

いずれの事例でも、支払いを強く求められ、消費者が仕方なく支払ってしまうことがほとんど。また、高額な請求に後になって気付く事例も

観光客になりすまして、ぼったくりバーに連れてく手口はあるあるだったらしい。情弱乙

国民生活センター、絶対に入ってはいけない「ぼったくりバー」に注意喚起 - ねとらぼ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/16… ぼったくりバーって昭和っぽいというか、衰退した気がしてたんだけど盛り返してるんだね こういう店食べログでクチコミ評価見ると楽しいことになってる

こんな店はヤバイ!っていう例がコレ。。

テキーラボールといってゼリーの中にテキーラをいれたゼリー状の丸っこいやつなんですが、これをドリンクに勝手にいれます。

そして1コ5,000円とかで請求がくるらしいw

楽しく飲んでいたのですが、女の子がドリンクを頼むたびになにかゼリーを2〜3個入れているのが、気になり始めました。僕「飲み物に入れてるの何?」ナナ「テキーラボールだよ♪」

(´・ω・`)あらら?

セット料金は3,000円ぽっきりと声をかけておきながら、テーブルチャージや席料70,000円など高額料金を小さく記載しており、ぼったくり請求してきます。

こうなると確定

めっちゃ高い料金を請求されたら…

Photo by David De Lossy / Photodisc

落ち着いて対処しましょう!

キャバクラ等の接待遊飲営業には料金明示義務があるから、請求されている料金の明細を出させる。

掲示されている料金と照らし合わせて不当な請求の場合、支払いを拒絶する。絶対に払ってはいけない。

とりあえず警察!ってなるけど。。

警察は、ぼったくりの話にはあまり介入してくれません。

※警察には、料金のことでトラブルがあると絶対に言ってはならないそうです!

直感で気がついたんです。『警察の目の届かないところに行ったら、暴力恫喝がすごくなる』って

解決じゃなく、殴られないようにするために通報する。

帰ろうとして帰らしてもらえないなら「監禁」、腕を引っ張られたり胸ぐらを掴まれたら更に「暴行」で通報します。

警察がきたら、料金のことで脅されたと言い、支払いに関しては連絡先を教えるので帰らせないと監禁であると主張し、その場を去れるようにすることに力を注ぐ。

ホントに助けてくれるのは「弁護士」

店員は平気で嘘をつくということの再確認、交番のお巡りさんの発言に心を折れてしまうことのないように、あなたは間違っていないですよという励まし、さらに現実的な対応についてお話

を、弁護士はしてくれるみたいです。

ぼったくりにあったら、自分が妥当だと思うごく小額のお金をおいて、強引に帰ろうとしてください。両サイドに屈強な男に座られたとしても、強引に帰ろうとしてください。

…でも一番大切なのは、入らないこと!

1 2





ごるばちょKOさん



  • 話題の動画をまとめよう