1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「休みがほしい」…山陽道トンネル事故は運送会社の過剰労働が原因か

山陽自動車道下り線「八本松トンネル」で2人が死亡した多重事故で、トラックを運転していた会社員、皆見成導容疑者を逮捕した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月19日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 89759 view
お気に入り追加

○山陽道トンネル事故でトラック運転手を逮捕

広島県東広島市の山陽自動車道下り線「八本松トンネル」で渋滞の列にトラックが突っ込み、2人が死亡した多重事故

自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで追突したトラックを運転していた埼玉県越谷市の会社員、皆見成導容疑者(33)を逮捕した。

○容疑者の前方不注意か

警察の調べに対し皆見容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

県警によると追突現場にブレーキ痕がなく、皆見容疑者が前をよく見ていなかった可能性があるとみている。

追突現場の直前にはブレーキ痕がなく、前方不注意の疑いが強いとみて調べる。

山陰道の事故の原因はわからないけど、運転しながらスマホを見ている運転手さん多いよね、トラックでも例外じゃない。もっと法律を厳しくしてくれないかな

山陽道のトンネル事故原因、トラック運転手の前方不注意・・・。事故にならなくても運転中にスマホとかでワンセグTVや動画見ながら運転してる人たくさんいるから、きっと取り締まり厳しくなるよ。

○スピード超過でブレーキが遅れた可能性

渋滞の車に突っ込んだトラックが当時、時速70~80キロで走行していたとみられることが18日、捜査関係者への取材で分かった。

追突直前に近くにいた車のドライブレコーダーの捜査で、トラックは時速70~80キロで走行していたとみられることも判明。

トンネルで大きな事故が起こっていた。トラックは怖い。でかい車体なのにかなりのスピード出してることがある。なんでそんなにスピード出すの?アクセル全開だとカーブ曲がりきらないよ?

○国土交通省は運送会社を緊急監査

過労運転が複数回あったほか、雇い入れ時の健康診断の未受診▽安全確保教育の不足▽初任適性診断の未受診-があった

トラックの運転手が勤務する埼玉県内の運送会社を緊急に監査したところ、運転手を巡って少なくとも4つの法令違反が見つかりました。

法令で定められた健康診断や適性検査、それに必要な安全教育をいずれも受けさせていなかったということです。

会社は皆見運転手を採用した際、社長と運行管理者が面接し、健康に問題がないと申告を受けただけで、健康診断を受けさせていませんでした。

○監査の結果、過労運転をさせていたことが分かった

皆見容疑者が2月中に複数回、基準を上回る連続運転をするなど過労状態で運転していたと発表した。

監査の結果、先月の埼玉県から九州までの複数の運行で、会社が皆見容疑者や他の運転手に過労運転をさせていたことが分かりました。

県警は過労運転が常態化していた可能性もあるとみて、同法違反容疑で19日、同社を家宅捜索する。

○疲れがたまっていることを示唆する投稿も

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう