1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

巨大橋の建設計画も… ロシアの支配が続くクリミア半島の今

2014年2月、クリミア半島はソ連崩壊以来プーチン氏によって事実上ロシアに併合されることになりました。あれから2年後、クリミア半島はどうなっているのでしょうか?

更新日: 2016年03月20日

rouran2008さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 16557 view
お気に入り追加

2年前、クリミア半島はロシアのものとなった

ロシアのプーチン大統領は18日、ウクライナ南部クリミアをロシアに編入する条約に署名した

クリミアで16日実施されたロシアへの編入の是非を問う住民投票で、クリミアとロシアの再統合を望む声が圧倒的多数だった

1991年のソビエト連邦崩壊・ロシア連邦成立後、ロシアにとって本格的な領土拡大となった

編入から2年、クリミアで巨大橋が建設されている

ロシアがウクライナ南部クリミア半島を併合してちょうど二年となる十八日、ロシアのプーチン大統領がクリミア半島を訪問した

橋は半島東端とロシア南部クラスノダール地方の間のケルチ海峡に架ける計画で全長19キロ

ロシア政府は2280億ルーブル余り(およそ3700億円)をかけて、再来年末の完成を目指して建設を進めています

しかし、独ソ戦時の地雷により工期延長や費用増加が懸念されている

クリミアの横断路によって、コーカサスからヨーロッパ諸国への道が700~800キロメートル短くなる

橋の建設にプーチン氏も期待する

国営テレビで放送された国民に向けの演説でプーチン大統領は、クリミア併合から2年となることを祝った

プーチン大統領は「橋は、クリミアやセバストポリと、われわれの団結、可能性のもう1つの象徴となる」と述べた

異例の速さで建設することでクリミア半島とロシアとのつながりを一気に強め、それを内外に誇示する考えを強調しました

「歴史的な事業を実現できると期待している」と述べ、予算や期限を守って建設するよう指示した

2年を記念して式典も催された

一方、ロシア各地では、クリミア併合2周年を祝う政府主催のコンサートや祝典が開かれた

モスクワでは18日、クリミアがロシアの一部になった日を記念するとして式典が開かれた

地元の警察は、およそ10万人が参加したと発表しています

クリミアに関して色んな声が出た

クリミア編入の調印がされたのが14年の3月18日とか聞いたから何か関係あるのかと思ってしまったけど

1 2





rouran2008さん

海外ニュースなどの興味があるまとめを作って楽しんでいます。
みんなの役に立つまとめを提供したいと思います!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう