1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

田辺誠一から藤原竜也まで!意外に多い芸能界のヘタウマ画伯たち

画家、絵のうまい人などに使われる呼称の“画伯”。が、芸能界では時に番組でイラストなどを披露するヘタウマな画才を持っている人に使われることが。田辺誠一さんやはいだしょうこさん、藤原竜也さんまで、芸能界に意外に多いヘタウマ画伯のみなさんをまとめました。それぞれに味があります。

更新日: 2016年03月21日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
79 お気に入り 188404 view
お気に入り追加

・画家、絵のうまい人などに使われる呼称の“画伯”

絵のうまい人を指す“画伯”

画家、その他画業を生業とする人物に対する敬称

絵画の道にすぐれた人。 画家の敬称。多く、接尾語的に名の下につけて使う。「○○画伯」

・が、芸能界では時に個性的な画才を持っている人に使われることが

個性的な画才を持っている人にも使われることが

非常に個性的な絵を描く芸能人を讃える言葉としても使われる“画伯”

上手というよりも”常人離れしたセンス”の絵を描く人に、画伯の称号をつけられている場合も多い

タレントや俳優など芸能人の中には、絵画や版画、彫刻などといった美術を趣味としている人は数多いが、中には独特すぎるセンスと技術によって、一般には少しばかり理解しがたい絵を描くことで、"画伯"の異名をとる人たちも

ネット界隈においては、常人離れしたセンスの絵画を描く芸能人を画伯と呼ぶことが多い

・そんな芸能界に意外に多い“画伯”と呼ばれる人たち

▼田辺誠一さん

その独自すぎる絵で画伯と呼ばれ、イラスト集なども出している田辺誠一さん

田辺は日ごろからツイッターで自身のイラストを掲載しており、シュールで不思議と味のあるイラストが好評で、ネットユーザーから“画伯”の愛称で呼ばれている

画伯と呼ばれるようみなったのは2011年9月27日に、公園で気になる犬を見かけた田辺誠一氏が「写真を撮れなかったのでイラストを描いてみました。犬に詳しい方、犬種が分かったりすると嬉しいです」というコメントと共にTwitterに投稿したイラストがきっかけ

長い期間役者として一線級で活躍する一方、近年では個展を開いたり、NHK紅白歌合戦のシンボルマークを制作するなど“画伯”としての活躍も目覚ましい

さっき公園でカッコイイ犬を見たんですが、写真を撮れなかったのでイラストを描いてみました。犬に詳しい方、犬種が分かったりすると嬉しいです。 twitpic.com/6r8r32

▼藤原竜也さん

映画の会見で“画伯”ぶりを披露した藤原さん

俳優の藤原竜也が2016年3月19日、都内で行われた主演映画『僕だけがいない街』の初日舞台あいさつで衝撃のイラストを披露、ヒロインの有村架純をひたすら困惑させた

三部けいの大人気漫画を映画化。“リバイバル”と呼ばれる過去への逆戻り現象に巻き込まれた主人公が、過去でのある殺人事件と現代において自分が濡れ衣を着せられた母親の刺殺事件の真実を追いかけるという内容の同作

藤原が売れない漫画家役ということで「ある取材で似顔絵を描いてもらったんですけれど、独特な絵でした。1本の線で描かれていました」と暴露。そこで、藤原は「絵なんて描いたことはございません」と抵抗したものの、ポスタービジュアルを絵で再現するハメに

壇上で本作のポスターの絵柄を再現することになった藤原さんは、「これ、事故ですよ。先に謝っておきます」と言い訳しながらイラストを披露したが、案の定、周囲は微妙なリアクション

“画伯”ぶりをバラされ苦笑い。藤原作のポスターを見た有村は「あの時の絵(似顔絵)と同じですね。リバイバルしました」と話し、笑いを誘った

藤原さんの描いたポスター…

▼福山雅治さん

福山さんにも画伯の称号が…

1 2 3 4





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう