1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ツラすぎる…いま貧困で「入学式欠席」する子供たち

なんだか複雑です。。

更新日: 2016年03月20日

pintandaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
149 お気に入り 586753 view
お気に入り追加

3万5千円の制服が買えず、欠席

約3万5千円のお金がなく、制服を取りに行けず、登校させられなかった-。

これは九州の公立中学校に入学した男子生徒の話だが、その後、校長に制服代を立て替えてもらい、4日目にようやく登校したという

なんかショック…今や入学式は悩みの種に

〈男子11万円。女子12万円〉
これはとある公立中学校で、入学前後にかかる制服や運動着、通学かばんなどの保護者負担金の合計だ

現在、貧困家庭とされている家庭に入学準備金として支給される金額は約2万円で、7万円近くは自腹で払わなくてはいけない

さらに、微妙なラインで制度の恩恵を受けられない世帯にとって制服の購入は、より大きな負担に

ある女子高生は制服が高くて買えないのを知っているので、ネットオークションで安く買えないか探したりしている

ヤフオクで「制服」って打つだけで「制服 中古」とか出るの日本の闇でしょ pic.twitter.com/MkNAIuosUR

これにはあらぬ問題もはらんでそうですが…

ここで生まれてるのが「制服格差」

他にも撥水、UVカット、ストレッチ素材…

少し前には「ランドセル格差」が話題になっていましたが、現状は中学校に上がっても…

もうなんとかしないと…

負担を少しでも減らそうと、卒業生などから不要になった制服を集め、リユースする「制服バング」の動きが広がっている

その価格は男女とも上着が1500円〜とかなり格安

これはありがたい取り組みですね。

福岡県古賀市では、無償提供してもらった卒業生の制服を貧困家庭の生徒に回す「制服リユース」の取り組みを実施

毎年100人前後が制服を残し、これがすぐなくなってしまう

津波で甚大な被害を受けた仙台では制服バングのNPOに、自分が通う学校の制服のストックがあるかどうかの問い合わせが増加している

1 2





pintandaさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう