1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

元男性の女性役を・・・生田斗真が難役に挑戦することに!

人気俳優の生田斗真さんが「彼らが本気で編むときは、」に出演することになりました。元男性のトランスジェンダー役で非常に難しい役でこれまでの女装とは違った新たな生田さんの演技が見れるかもしれません。

更新日: 2016年03月21日

datoyaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
118 お気に入り 131188 view
お気に入り追加

■荻上直子監督の新作映画「彼らが本気で編むときは、」

『かもめ食堂』『めがね』などを手掛ける荻上直子監督の5年ぶりの最新作『彼らが本気で編むときは、』が製作決定した。

映画は「トランスジェンダーの子供のため、母親が人工乳房を作製した」という新聞記事に着想を得た荻上監督が書き下ろしたオリジナルストーリー。

主人公は、トランスジェンダーのリンコ、育児放棄された子どものトモ、リンコの恋人でトモを温かく見守る叔父のマキオの3人。形に囚われない家族の間で繰り広げられるドラマが描かれる。

●主演の生田斗真さんは元男性の難役を演じる

俳優の生田斗真が2017年2月25日公開予定の映画『彼らが本気で編むときは、』の主演に決定したことが21日、わかった。

生年月日:1984年10月7日(31歳)
出生地:北海道室蘭市

今回の主人公、トランスジェンダーで介護士のリンコ役には、「ほかは考えられない」という監督たっての希望により抜擢された生田さん。

自身も脚本に惚れ込んだだけに、「監督はとてもサバサバした方で、違ったら違う、よかったらよかったと物事をはっきり言ってくださるので、とても信頼しています」と身を預けている。

本作への出演理由を明かす。撮影に入り、難しい役だと実感していると語るも「こうした役をいただくことはそうないことですし、全力で取り組んでいます」と力強くコメントした。

●その恋人役を演じるのは桐谷健太さん

生年月日:1980年2月4日(36歳)
出生地:大阪府

マキオ役の桐谷も、「荻上監督は自分で本を書いて、自分で監督されているので、説得力が半端じゃないし、演出の指示が的確で、『なるほど、確かにそれがマキオかも!』って思えるんです」と大きな信頼を寄せる。

桐谷も今作に懸ける思いは強い。「斗真と『俺らのターニングポイントになりそう』と話している。自分にとって何かがすごく変わりそうな作品と感じている」と期待を込めた。

■生田斗真さんと言えばミシマダブルで女装で話題になったことも

「ミシマダブル」は、三島由紀夫の代表作「サド侯爵夫人」「わが友ヒットラー」を蜷川演出で、同一キャストが交互に演じ分けるという公演。

同日に行われた『サド侯爵夫人』フォトコール後の囲み取材では、劇中の華麗な衣裳や宝石を身にまとい、つけまつげや口紅などといった“女性”(さながらの)メイクを施した東山と生田が登壇。

生田は「けっこう開放されますね。初めてなので気持ちいいです」と話し、「歩き方とかしぐさは稽古中から練習して身に付きました。

結構慣れているのかも。

■イケメンパラダイスや源氏物語など結構女装をすることも多い

源氏物語 千年の謎は、脚本家の高山由紀子氏が執筆した同名の小説「源氏物語 千年の謎」が原作。

このグラビアで女装していた。

生田斗真「源氏物語・写真集」 妖艶な女装. ゜*。:゜美. ゜*。:゜ . ゜*。:゜凛々しい源氏も素敵. ゜*。:゜ pic.twitter.com/8fITcknpwi

■今回は元男性の女性と本格的な演技がどうなるか楽しみ

今月中旬から撮影に入り、“女”になりきる生田は「難役だと改めて実感していますが、こうした役はそうない。全力で取り組んでいます」と役者魂を燃やす。

斗真くん、トランスジェンダーの役なんだね!期待大です!!

1 2







  • 話題の動画をまとめよう