1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

井筒審判長を病院送りに‥白鵬のダメ押し否定に批判の声が相次いでる

大相撲春場所8日目で横綱・白鵬が関脇嘉風を寄り切った際に、正面土俵下で審判長を務めた井筒審判部副部長が投げ飛ばされた嘉風と激突。その後、救急車で大阪市内の病院へ搬送される事態となりました。

更新日: 2016年03月22日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 315999 view
お気に入り追加

●大相撲春場所8日目で横綱・白鵬が勝利した

横綱白鵬は関脇嘉風を寄り切って7勝目を挙げ、単独史上3位となる通算965勝とした。

その後、左足が土俵を割っていた相手の右足を持ち上げながら、土俵下へと投げつけた。

・流血した嘉風が土俵下に吹っ飛んでいった

・さらに、土俵下にいた井筒審判長と激突した

投げ飛ばされた148キロの嘉風は土俵下にいた井筒審判長(元関脇・逆鉾)と激突。

・そのまま病院へ救急搬送された

・通算965勝となった白鵬は「いい相撲を取った」と自画自賛

「組んでもいいし離れてもいいし流れに任せた。スピードのある相手にいい相撲を取った」と自画自賛

大潮を抜いて単独3位の通算965勝となったことに「目指せ3人目の1000勝ですから。これからです」と自分の記録しか頭にないようだった。

・さらに「足が残っていたので」などとダメ押しを否定した

手荒い相撲を披露したが「流れに任せた。足が残っていたので持ち上げた」とダメ押しを否定。

少し方向がずれたら嘉風は観客の上にまともに落ちた可能性もあった。

・八角理事長は「流れの中でやっている」などと擁護したが‥

八角理事長(元横綱北勝海)は「足が出たか分からなかったのでは。流れだったような気がするけどね」と白鵬の攻めを評価した。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう