1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【カシオペア】がいよいよラストラン… カシオペアの人気がスゴすぎた

廃止される寝台特急「カシオペア」のラストランがあり、多くのファンがその雄姿を見に駆けつけました。そんな寝台特急カシオペアの現状と今後についてまとめました。

更新日: 2016年05月27日

涼泉有樹さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 18748 view
お気に入り追加

・寝台特急カシオペアが廃止になりました…

「カシオペア」は3月19日に上野発札幌行を運行した後、3月20日の札幌発上野行が最終列車に。

定期的な運行を取りやめる寝台特急の「カシオペア」の最後の列車が21日朝、上野駅に到着しました。

ファンに惜しまれつつ、17年の歴史に幕を下ろしました。しかし、そのファンの多さに驚いた方も多かったのではないでしょうか。

・ファンがラストランを見届けに駆けつけました!!

上野駅では、鉄道ファンら約2200人(JR東日本発表)がホームを埋め、定刻通り午前9時25分に到着したカシオペアの最終列車を出迎えた。

定刻通り上野駅に着くと、ホームを埋めた鉄道ファンら約2200人(JR東日本発表)が一斉にカメラのシャッターを切ったり、「ありがとう」との声援や拍手で出迎えたりした。

多くの鉄道ファンが出迎え、「さようなら」「ありがとう」と書かれたサインボードを掲げる人もいた。

「ありがとう」という声や、ボートにメッセージを書いて掲げているファンの方もいたそうです。カシオペアに「17年間お疲れ様でした」と言いたいですね。

・北海道新幹線の開業に伴い、その役割を終えます。

北海道新幹線開業に伴い、青函トンネルの電圧が新幹線用に切り替わるため、99年7月からの運行を終える。

北海道新幹線の開業で青函トンネルの電圧が切り替わり、これまでの車両では運行できなくなるため、廃止が決まりました。

そんな『カシオペア』も、2015年9月には北海道新幹線開業を機に一般運行が廃止されることがアナウンスされ、車両の去就が注目されたが、JR東日本は、JR北海道やJR東日本エリアを周遊するツアー列車として活用する方針を示している。

老朽化や人気低迷という理由ではなく、新幹線の開業に伴い、泣く泣くカシオペアが廃止されるそうです。

・寝台特急カシオペアとは…?

北斗七星と同様に北極星を見つけ出すためによく使われる星座であるカシオペア座に由来。

より快適で魅力ある寝台列車の旅を提供するために「快適空間を実現した寝台列車」をコンセプトのもと、全室A個室寝台列車として開発された。

1999年7月に究極の豪華寝台特急として登場。これまでのブルートレインとは違ったE26系客車によって、カシオペアスイート、ダイニングカーを連結した世界でも冠たる列車が誕生した。

当時も、現在でも豪華列車として有名でした。今までの寝台列車とはひと味違った列車でした。

・「カシオペア」ラストランの乗車券は即完売!!

全国のみどりの窓口などで一斉に発売され、カシオペアは午前10時の発売直後、はまなすは約40秒後に売り切れた。

北海道新幹線の開業に伴い、来月で廃止される寝台特急「カシオペア」の下りラストランの乗車券が発売とほぼ同時に完売しました。

1 2





涼泉有樹さん

いろいろな分野のまとめを書いていきます。
ぜひ、まとめをチェックしてください。



  • 話題の動画をまとめよう