1. まとめトップ
  2. 雑学

調査や研究で証明された、離婚してしまう夫婦の特徴・共通点

これ、ホントかな~(;´∀`)

更新日: 2016年05月25日

kokeko327さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
375 お気に入り 389952 view
お気に入り追加

キーワードは『3』

そして現代の日本では3組に1人が離婚しているそうです

平成21年度の「離婚に関する統計」では子どもの有無を問わず、年間を通して3月に一番離婚が多いことが報告されています。

離婚してしまう夫婦って共通点があるんでしょうか。

3月って色んな別れがあるけど 離婚が突出して多いんだって

今の子供たちの6人に1人が「貧困」だそうだ。そういう子供たちは親が離婚して母親が子供を引き取っているケースが多いようだ。結婚したカップルの3組に1組が離婚する時代。2度3度離婚する人も珍しくなくなった。何とも大変な時代だ。

今回は研究や調査でわかった離婚しやすい夫婦の特徴をまとめました。

95%の確率で夫婦が別れるかどうか分かる専門家によれば

ワシントン大学客員教授のジョン・ガットマン博士は15分だけ夫婦を観察すると、95%の確率でその夫婦が別れるかどうか分かるそうです(゚д゚)!

夫婦が離婚する理由は、(夫と妻の)衝突の内容ではなく、衝突の仕方が原因

なるほどー!

ケンカで相手を正そうと思うことが、より大きな亀裂を2人の関係に生じさせる

『相手を変えようとしないこと』が大事だそう。

現実では、自分の性格を変えられたい、直されたいと思っている人はいません。

育児で忙しくなると、夫婦間の愛情表現やコミュニケーションもおざなりになりがち

↓理想的にはさ、恋愛結婚っていうのは、多少はすれ違って、ケンカして、お互いのことを分かり合って、お互いにない部分を認め合ってから結婚するのが良いんじゃねーか? 結婚したことないから分からんけど。で、結婚前にべたべたしすぎたり、あんまり衝突しなかったカップルほど離婚してる印象だな。

結婚式の費用が高かった夫婦は離婚率が高い

最近の研究では、「結婚式の費用が高かったカップルほど離婚率が高い」という結果が出たそうです。

米国エモリー大学経済学部の研究者が発表した調査の結果

「ブライダル業界が広めてきたのは、幸せな結婚生活のためにぜいたくな式を挙げなければならないというイメージだ。しかしそのイメージにはほとんど根拠がないことが分かった」

フランシス教授のコメント。

結婚式に2万ドル(約200万円)以上かけた女性は、5,000~1万ドル(約50~100万円)程度に抑えた女性より3.5倍も離婚した数が多い

指輪が安い方が離婚率が低くなる

『結婚式』より『結婚生活』を重視しているからなのかも?

結婚式を豪華にするとそれがゴールになっちゃうからね~( ´_ゝ`)。 RT @dmenu_news: 豪華な結婚式ほど離婚率が高い? bit.ly/1Cu18ML #生活術

夫の通勤時間が長いと離婚率が上がる

ダンナの通勤時間が45分を超えると、その夫婦の離婚率が40%も上がった

スウェーデンで行われた調査の結果

単純に家にいる時間が短くなるため、家にいる方の家事などの負担が大きくなります。

通勤によって、夫婦の時間も奪われてしまうのです。

通勤に90分かかる人は日々の満足度も低めなんだとか。

通勤は肥満やストレスだけでなく、不眠や肩こり、高血圧などストレス性の病気を引き起こす。心臓発作やうつ病のリスクも高まり、さらには離婚率まで上がるそうだ。 って本に書いてあってやばい

1 2





kokeko327さん

自分の気になることや好きなこと・ものについてのまとめが多いです(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
よろしくお願いしますー

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう