1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

聞いてた条件と違う!!…「求人詐欺」の被害が相次いでいる

国立大学86校のうち11校で、「給与が大幅に違った」など、求人と実際の労働条件の食い違いに関する相談が学生らから寄せられていたことが分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月22日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 118816 view
お気に入り追加

○「求人詐欺」の被害が相次いでいる

国立大学86校のうち11校で、「給与が大幅に違った」など、求人と実際の労働条件の食い違いに関する相談が学生らから寄せられていたことが共同通信のアンケートで21日、分かった。

2017年春の採用に向けた企業の会社説明会が16年3月1日に解禁され、17年卒大学生・大学院生の就職活動が本格的に始まった。

ハローワークなどでも相次ぎ確認されており、国による実態調査や効果的な法規制が求められそうだ。

○就職活動が本格化し求人詐欺が問題になっている

1日に来春卒業予定の大学3年生に対する会社説明会が解禁され、就職活動が本格化。

NPO法人POSSEの今野晴貴代表は「新卒でも転職でも『求人詐欺』が横行している。調査結果は氷山の一角だ。大学だけでは対応できない」と話し、国の規制強化など求めている。

○実際被害にあっている人も多い

ハロワゴミすぎてもう利用してない。 一度ハロワ通して(自分なりにかなり選び抜いて)就職したことあるけど求人情報と全然違う嘘ばっかのゴミ会社だった

ハローワークの求人情報ですら、実際の条件と違うおとり求人的なものがあって問題視されてる。 正社員のはずが採用時になって契約社員とかザラ。 「イヤなら不採用でもええんやで」って言われて、当日辞められる人なんていない。

この世界ってホント汚いよな。 求人サイトとか、求人情報誌に掲載されている時給と実際に面接を受けた時に言われた時給が違うってダメでしょ。 求人情報誌には1300円。研修期間は1100円です。って書かれてるのに実際聞いたら850円だと? こっちを舐めてるにもほどがあるでしょ!

○「求人詐欺」とは?

「詐欺求人」とは、企業が求人を行う際に、職場の実態と異なる虚偽の好条件を提示して応募者を集め、入社させようとすること。

○虚偽の求人を出した企業を直接処罰する規定は無い

厚生労働省によると、ハローワークや労働基準監督署などに寄せられた相談のうち、13年度の41%(3815件)、14年度の36%(4360件)の求人で、求人条件と事実との食い違いが確認されている。

職業安定法は、求人時の労働条件の明示を義務付けていますが、ハローワークや大学などに虚偽の求人を出した企業を直接処罰する規定はありません。

求人情報と違うことをさせたり制度が違う会社は詐欺罪で捕まればいいのに

詐欺犯の口にする、「騙されるほうが悪い」、「ハローワークの求人で求人があると思って応募したら実は求人していなかった」、という事例に当てはめてみたらどうでしょう?国の機関が詐欺と同じことをやっているのです。応募するのに時間とお金がかかっていることをわかってください。

○ブラック企業からの求人を拒否できる新制度を発表

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう