1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

なにそれ…「いい子」ほど将来が危険らしい

こういう子供が量産されていけば大変なことになりそう。

更新日: 2016年03月24日

夕-みんさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
542 お気に入り 335577 view
お気に入り追加

なんでも言うことを聞く子供

その実は「イイ子でいることで大人の注意を引き、好きでいてもらえる」という原動力で動いている

期待されている「答え」を先取りして行動しているうちに、自分の意思なのか、気持ちを抑えて行動しているのかわからなくなっている

また、親が敷いたレールだと事前に危険なことが排除されるため、トラブルの回避方法も分からないまま成長してしまうケースも

思春期になると徐々に症状が…

最近多く見られるのが、保護者の目の届かない所で万引きなどの犯罪をして発散する「家だけいい子」

急に不登校になったり、自宅に放火する事件を起こしたり、リストカットを繰り返したりといったケースも現実にはたくさんある

社会人になると、より深刻になってくる

個性・人間性・決断力といった「自分」が問われる場になって、「いい子」だけでは対応ができず、つまずくという事例は多い

身体にも影響がでやすい

「自分さえ我慢していれば波風立たない」の処世術が身に付いているだけで、心は言いたいことも言えないで堪忍んでいるケースが多い

職場で期待に応えようと要求されるレベル以上のことを、自分の身体を壊してでもやってしまう人もいる

日常生活でもポジティブな形でストレス解消できず、「抑うつ症状」という形になって現れてくる

感情を抑制し続けることで「自分の努力を誰もわかってくれない」という思いに変わり、そのストレスを拒食という形で表現することも

理想をおしつけないことが大事

「こんな子供であってほしい」という理想を押し付けるのではなく、子供の好きなこと、得意なことを褒めてあげる

つらい時は泣いてもいいんだよと声をかけ、気持ちを受け止めてあげることも重要

1





夕-みんさん

インコと文鳥はちがう生き物。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう