1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

全日空、全国49空港でシステム障害…各地の空港は大混乱していた

全日本空輸(ANA)は22日、就航する全国49空港で同日朝から国内線のシステムトラブルが起き、搭乗手続きができなくなったと明らかにした。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月22日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 36944 view
お気に入り追加

○全日空国内線でシステム障害

全日本空輸は22日、就航する全国49空港で同日朝から国内線のシステムトラブルが起き、搭乗手続きができなくなったと明らかにした。

3月22日午前8時20分頃に発生した国内線の予約・販売・搭乗手続きに関するシステムに不具合で、一部が復旧したと発表した。

全日空によると、午前11時15分時点で国内線45便が欠航、約6500人に影響した。

○手続きに関するシステムにトラブルが起きた

不具合が起きているのは、国内線の予約・販売・搭乗手続きに関するシステム。

22日午前8時20分ごろからシステムトラブルのため、羽田や大阪、それに福岡など各地の空港で、国内線の搭乗手続きができなくなりました。

全日空によると、トラブル発生後、国内線のシステムのサーバー4台全てで不具合が確認された。

○トラブルは午前11時半すぎに復旧した

全日空によると、不具合が起きたのは「エイブル」と呼ばれる国内線の予約や販売、搭乗手続きを行うシステム。

全日空によりますと、午前11時半すぎに復旧したということです。

午前11時半すぎにシステムが復旧し、順次、搭乗手続きを再開しているということです。

○約6,500名が影響を受けた

全日空では航空券の払い戻しや電車への振り替えなどの案内を行い、対応しています。

同社と搭乗手続きシステムを共有しているスターフライヤー、AIRDO(エア・ドゥ)、ソラシドエア、アイベックスエアラインズの4社でも同様の不具合が発生した。

○トラブルに巻き込まれた人たちのコメント

家族4人で札幌へ旅行に行く予定の会社員は「朝から2時間以上待っているが、動きそうにない。せっかくの旅行だったのに」と困惑した様子。

観光のため家族3人で函館を訪れていた静岡県内の会社員(54)は「旅の疲れがたまっており、早く家に帰りたい」と困惑していた。

旭川に行くという会社経営の男性(37)は「もう午後の会議には間に合わない。海外ではよくあるけど、国内でこんな遅延があるとは」と話した。

ANAのシステム障害に一日違いで巻き込まれるところだった。

○みんなもこのトラブルの影響を受けていた

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう