1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

これはメモ。人のやる気スイッチを押す「4つ」のテク

デキる人は使ってるかも。ちょっとしたコツで、人を動かすトークや文章がつくれるらしい

更新日: 2016年03月29日

yutoto12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2024 お気に入り 131454 view
お気に入り追加

やる気スイッチは人によって違う?

Photo by Michael Blann / DigitalVision

本人がちゃんと「納得」すれば、自然に行動してくれるものらしい

「人のモチベーションが高くなる条件」を心理学的に分類して説明する、「説得術」みたいなものがある

4つの「学習タイプ」とは

Photo by Stockbyte / Stockbyte

このタイプは、統計上38%と最も多く、会話中に「なぜ?」「なんで?」が多い

とにかく行動するのに理由が必要で、メリット、デメリットに非常に敏感。その人の現実にそった具体的なメリットを教えてあげると自発的に動く

Photo by Thinkstock / Stockbyte

本を読むのが好きで、偉人や成功者の名言に心打たれやすい人が多い

このタイプは”根拠となるデータや事例”を聞くことで、「証拠があるなら間違いない」とモチベーションが上がる

Photo by Tom Kelley Archive / Retrofile

試行錯誤するのが苦手で、まず最初に、どうやったらいいのかを知りたい人

行動するために具体的な方法が必要。特徴としては、階段を一段一段登るタイプで、比較的真面目

Photo by Martin Barraud / OJO Images

詳細な説明などは必要とせず、今から出来ることを早く知りたい、せっかちな人

このタイプは、先行きが見えなくても、まずするべきことがわかれば、ファーストステップを聞くことでモチベーションが上がります

自分と相手のタイプの違いを意識して

今すぐタイプに理由や背景をクドクド説明したり、なぜタイプに「今すぐコレをやれ!」と言うのは×

勿論、状況や精神状態によりタイプが複数の領域に重なったりする時もあるかもしれません

もし相手の学習タイプ・モチベーションポイントがわからなかったとしても、必ず誰でも動かすことができるウラワザが存在しています

4要素をすべて入れれば万全

Photo by Stockbyte / Stockbyte

コピーライティング、プロモーションが上手い人は、かなり功名にこの4ステップを使っているんだとか

『なぜ』『何』『どうやって』『今すぐ』を、順番ですべて伝えてあげれば万人を動かすことができる

絶対にどれかの要素にはひっかかるのでモチベーションがあがる

他人にお願いを聞いて欲しい時も、これらすべてを順番に話してあげるとどんな人も納得して行動してくれるようになります

子供でも部下でもお客さん相手でも、ちゃんと納得させることができれば、

学校の授業も「方法」と「いますぐやれ」でしか教えない教育方針で育っているからなのか、多くの人が理由と根拠やデータを書かない

文章書くのに慣れていない人や反応が得られない人は、方法と今何をすべきかしか書かれていないことが多いらしい

この技術を習得できればいろんな場面で応用して使え、生活にも役立ちます

結果、「信頼」もしてくれるようになるらしい…!

1





yutoto12さん



  • 話題の動画をまとめよう