1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ISが犯行声明…ベルギー爆発テロのその後をまとめ読み

日本では深夜だったため明らかになっていなかったベルギーテロ。一夜明けて随分と明らかになったこともあります。朝の通勤時に読めるようにその後の詳細をまとめてみました。

更新日: 2016年03月23日

24 お気に入り 124676 view
お気に入り追加

■世界を再び震撼させたベルギーの爆発

欧州連合(EU)本部に近いブリュッセルの地下鉄マルベーク駅でも爆発が起き、ロイター通信は20人が死亡と伝えた。

現地ベルガ(Belga)通信は、出発ロビーを襲った爆発の前に銃声とアラビア語の叫び声が上がったとする目撃者談を報じている。

■ベルギー当局はテロと断定した

ベルギーのミシェル首相は記者会見で、「(空港と地下鉄駅の)二つの攻撃は、卑劣な攻撃だ。我々が恐れていたテロが起こった」と述べた。

治安当局はいずれもテロだとし、空港の爆発は自爆犯によるものと確認した。

■その後イスラム国が犯行声明を出した

中東の衛星テレビ局アルジャジーラによると、過激派組織「イスラム国」(IS)系の通信社はISが犯行声明を出したと報じた。

「イスラム国」は22日の犯行声明で、「戦闘員たちが爆弾ベルトで一連の爆破を実行した」

テロ攻撃の理由について、ベルギーが「(『イスラム国』掃討の)有志連合に参加している」と指摘した。

ブリュッセルの警察当局は18日、15年11月にフランス・パリで発生したテロ事件実行犯の男を拘束したばかりだった。

■実行犯の男を拘束したことが原因か

アブデスラム容疑者はブリュッセルを拠点に新たなテロ計画を立てていたという。

ベルギーのレインダース外相は、アブデスラム容疑者が「ブリュッセルを拠点に新たなテロ計画を立てていた」と供述していることを明らかに

逮捕される前に隠れ家にしていたとみられるブリュッセル南部フォレ地区の住宅から、爆発物の主要部品となる起爆装置が見つかった。

フォレ地区の現場では15日に別の容疑者1人が射殺された際に、カラシニコフ小銃と過激派組織「イスラム国」(IS)の旗も見つかった。

アブデスラム容疑者は、現在ベルギー国内で勾留されていますが、AP通信などによりますと、23日に裁判所に出廷することになっていました。

▼この異常事態は様々な場所に影響を与えた

・サッカーベルギー代表の練習が中止

ベルギー代表は22日、同国の首都ブリュッセルで起きた爆発事件を受けて、同日に予定されていた練習をキャンセル

29日にブリュッセルで行われる予定のポルトガル代表との国際親善試合に影響する恐れもある。

負傷により今回の招集メンバーから漏れたトッテナムのDFヤン・ヴェルトンゲンは「何度このニュースを読んでも信じられない…」と母国の惨劇に驚きを隠せない様子

1 2 3





高知東生さん、ショック…。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう