1. まとめトップ

個性派ぞろい!人と被らない黒のバックパック(リュック)13選

通勤・通学はもちろん、オフのときにも使える黒のバックパック(リュック)を集めてみました。あまり人と被らなそうなブランド多めです。

更新日: 2016年05月27日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
665 お気に入り 201161 view
お気に入り追加

■worm design lab (ワーム デザイン ラボ)

クラシカルなアウトドアを独自の観点から解釈し永く親しまれている機能、用途、ディティールをモディファイしアップデート。

杢調に仕上げたUS500D CORDURAを使用したフラップバックパック。
革パッチには栃木レザー、ZIP引手にはアメリカ製のリフレクターパラコードを採用。
オーセンティックな雰囲気で細部にまでこだわった仕様となっておりメインのポケットは中は2層式となっている。

■FREDRIK PACKERS (フレドリックパッカーズ)

FREDRIK PACKERSの製品は世界中から優れた材料を厳選して日本に集めて作られる。

生地はMADE IN USA/米ディユポン社のcordura nylon。

バックル類は、アメリカ軍/本格的なアウトドアメーカーも採用している強度に優れたMADE IN USA/national molding社の製品。

ベルクロ、テープ類には世界で最も品質が優れている日本製を使用。

ロールトップの口部分は収納内容によって、巾着の様に絞って閉じる事もできます。表地には軽量で耐久性にも優れた500デニールのコーデュラナイロンを使用。ハーネス部分にはフェルト製のパッド採用するなど、細部にクラシックアウトドアのテイストが散りばめられています。

トレイルでのバイクライド用に制作しMOUNTAIN PACK。

■MEMENTISM (メメントイズム)

日本のバッグ&アクセサリーブランド。2011年S/Sシーズンよりスタート。

ネーミングはラテン語の名言「Memento mori(メメント・モリ=自分がいつか死ぬことを忘れるな)」に由来。

サイドストラップで絞る事によって2パターンの表情が楽しめるバックパック。
今期のトレンドでもあるミニマルなデザインなので様々なコーディネートに合わせて頂けるかと思います。
大きめのサイズのリュックなので、様々なシーンで活躍出来るバッグになっています。

底と蓋部分に牛革を使用し、高い耐久性が特徴のこちらのバックパック。
オールブラックながらもレザーの質感が
デザインに深みを加えています。
。また、機能面も充実しており、サイズを絞れるサイドストラップや、
両サイド、インナーに配された収納ポケットなど、
使いやすさを考慮された仕上がりに。スタジャン等のストリートスタイルは勿論、カジュアルなコートやジャケットとも相性の良い万能型のデザインです。
デイリーユースに対応した、シーン選ばずにご使用いただけるバッグです。

■beruf baggage (ベルーフ バゲッジ)

「beruf」とはドイツ語で「職業」そして「使命」を意味します。

厳選した素材とオリジナリティ溢れるデザインによって構成される製品は、快適な使い心地と確かな品質を約束します。

全ての製品は日本国内の信頼できる工房で、職人の手によって1つずつ丁寧に作られています。

「"STROLL" BACKPACK」はシンプルな外見と機能性を兼ね備えたタウンユース用のロールトップ開閉式のバックパックです。ライド時のポジションを考慮して設計されたショルダーハーネスや、バッグの横ブレを防ぐシリコンのロゴプリント、オーガナイザーポケット等、街乗り愛好家の要求にフィットする機能が随所に取り入れられていますが、見た目はいたってシンプル。自転車スタイルはもちろん、スポーツ・モードのMIXコーディネートにも違和感なく溶け込みます。

「都市でのアクティビティ」をコンセプトに据えたコレクションを展開。自転車だけにとどまらない都市生活の様々なアクティビティに対応できるよう、日常での扱いやすさにフォーカスしたアイテムを素材の段階から丁寧に作り込んでいます。

表面の強撥水加工と2レイヤー加工の組み合わせによって耐水性と耐久性、そして軽さを兼ね備えたマテリアルは、突然の雨風からあなたの荷物をしっかりと保護します。

■ANONYM CRAFTSMAN DESIGN (アノニムクラフツマンデザイン)

beruf(ベルーフ)が立ち上げたブランド

6時間の旅に必要な荷物を運ぶのに適した容量と機能を備えたデイパック。

"デイトリッパー" としても、"コミューターバッグ"としてもお使いいただけるこのバッグは、どんな移動手段にも対応できるようシンプルに設計されています。

前面にはマチ付ファスナーポケット、左右両側面にはマチなしのサイドポケット、内装には分割なしの仕切りポケット、という構造。

「48H BACKPACK」は48時間程度の旅をコンセプトにしたデイパック。

"ショートトリッパー" として2泊程度の旅行に適したこのバッグは、どんな移動手段にも対応できるようシンプルに設計されています。

天面と前面にはマチ付ファスナーポケット(内部に仕切りポケット付)、左側面にはマチなしのサイドポケット、右側面はメインコンパートメントへのファスナー、内装には分割なしの仕切りポケット、という構造。

1 2 3





ラガモさん



  • 話題の動画をまとめよう