1. まとめトップ
  2. レシピ

セレブの間で大人気!カリフラワーがダイエット食に最適

美容やダイエットに効果的な栄養が豊富に含まれたカリフラワーが海外セレブを中心に大人気!美味しいレシピ付きでカリフラワーの魅力をお伝えしています!

更新日: 2016年05月11日

amasayaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
221 お気に入り 46959 view
お気に入り追加

ちょっと意外!?カリフラワーがダイエット食として大人気

特にNYを中心に海外でカリフラワーがダイエット食として大人気なんだそう!

あの、レディーガガもカリフラワーでダイエットに成功したそうなんです!

海外セレブの間ではいま、「カリフラワー」がダイエットフードとして注目されています。

レディーガガがカリフラワーダイエットで10kg痩せるなど、今世界のセレブやモデルの間で流行しているダイエットフードなのです。

特にNYのレストランでは、ベジタリアンやグルテンフリーのメニューを揃えているところが多いのですが、そのメニューの中でカリフラワーが多く活用されているようです。

そんなカリフラワーは美容にも良い栄養がたっぷり!

●ビタミンB群が豊富に含まれている

カリフラワーにはビタミンB1、B2、B6が含まれていて、ビタミンBは代謝を高くするのに良いとされる成分です。

ダイエットに必要な栄養素の一つでもあるビタミンB。カリフラワーにはそんなビタミンBが多く含まれていると言われています。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える働きを促します。ビタミンB2は、脂質をエネルギーに変える働きを促します。そしてビタミンB6は、タンパク質などと一緒に代謝をサポートする力を持っています。

●茹でてもビタミンCが失われにくい

カリフラワーとブロッコリーは形が似ていて色が違うだけじゃないのとよく比較されますよね^^

どちらもアブラナ科の野菜ですが、ブロッコリーは茹でると栄養が失われてしまう一方で、カリフラワーは茹でても栄養が失われにくいのが最大の違いです。

カリフラワーには、万能アンチエイジング成分として定番のビタミンCも含まれています。

どちらもアブラナ科の野菜ですが、ブロッコリーは茹でると栄養が失われてしまう一方で、カリフラワーは茹でても栄養が失われにくいのが最大の違いです。

●食物繊維も豊富

ビタミンBと同様にダイエットには欠かせないのが食物繊維。便秘の改善、老廃物を除去するなど、腸内の環境を整えてくれます。

よく食物繊維と摂るならキャベツが良いと言われますが、カリフラワーにもしっかり含まれています。

カリフラワーにはダイエットの敵でもある便秘にも効く食物繊維も豊富です。

●高血圧やむくみ対策に効果的なカリウムも多く含まれている

ダイエットの大敵むくみを撃退することができるカリウムは欠かせません。

カリフラワーには100g中410mgと多く含まれているので、カリウムを摂取するのに役立つ野菜だと言えるでしょう。

●低カロリーなところも魅力的

もちろん、食べ過ぎてしまってはカロリー摂取は増えますが、食べごたえのある食感のカリフラワーはよく噛んで食べるので満腹感も得やすくダイエットフードに向いていると言えそうです。

カリフラワーのカロリーは茹でたもの100gで約26kcalなので、たっぷり食べても罪悪感がないのも魅力。

●炭水化物の代わりにも使える

カリフラワーをお米の大きさに細かく刻んで、ご飯の代わりに食べる海外セレブも多いんだとか。

作り方はこちらを参考にされてください。
http://goo.gl/Dpkf1I

1 2





amasayaさん



  • 話題の動画をまとめよう