1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

知らなかった…「障害者差別」のひどい現実

テレビでももっと取り上げられるべきだと思います

更新日: 2016年03月25日

zawawa23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
312 お気に入り 413131 view
お気に入り追加

えっ、給料こんなに低いんだ…

見ろよこの給料!! 精神障害を申告して入社すればこういうことになる。 労働者をタダ働き同然で扱うクソ企業。 こんな超低賃金状態が続いたらいずれは自殺するしかない。 今年は絶対に医療の資格を取って転職する。 pic.twitter.com/WlCFx1VnX5

最近では、障害者を超低賃金で労働をさせる「経済的虐待」というものがあり、中には時給200円というケースもある

昨年、厚生労働省が調査した内容によると、低い賃金で働かせるなどの「経済的虐待」が約8割の419件と最多だった

2014年度に職場で受けた差別の調査

ある会社を今月31日で契約満了で切られます…障害者雇用しか障害者には道は無いのですがね時給705~937円それも労働時間は3時間だったり…差別法4月から改正だけど何処もフルはないね…有っても契約だし…最悪だ… pic.twitter.com/BfGc7poImh

盲導犬のせいで乗車拒否って…

3月3日、金沢市で盲導犬を連れた視覚障害者の男性がタクシーに乗ろうとしたところ、運転手の男性が「盲導犬を乗せると座席が汚れる」などと言って乗車を拒否

運転手は「以前盲導犬を乗せたときにシートが汚れて他の客から苦情を言われたので断ってしまった」と説明しているという

ちなみに、道路運送法では、乗客や荷物が運転に支障を与える場合など、やむを得ない事情があるとき以外の乗車拒否を禁じている

タクシーの運転手はこの法律を知っていて乗車拒否したらしい

車いすの乗り入れ制限も多いみたい

2014年、脳性まひのため電動車いすを使用している男性が、バンコク発福岡行きの飛行機に搭乗しようとして拒まれた

搭乗拒否の理由が分からず、後日、航空会社に尋ねたところ、「要介助者には同伴者がいる」との回答だったという

「合理的配慮」を欠く事例としては、3年前にひろしま菓子博会場での、電動車いすの乗り入れ制限も起きている

ほかにも差別が相次いでいる。。

一般の人なら被害届を出すような事件でも、視覚障害者は泣き寝入りすることが多く、実際には表に出てこないトラブルが数多くある

行政、民間に限らず、障害者に対する意識や認識がいまだ不十分であるのが現状だ

そのため差別をなくす法律もある

国や自治体は車いす利用者の移動の手助け、視聴覚障害者への読み上げ・筆談などの配慮を義務化し、民間事業者にも努力義務を課す

これは、障害を理由にした差別をなくして、障害のある人もない人も共に生きる社会を作ることを目指した法律だ

障害者差別解消法が4月1日から施行される。うちの会社でも色々視聴して、顧客対応に不備がないようにするらしい。例えば、車椅子の人と話すときは見下ろされているように思わなれないようしゃがみましょう、だとか。

2003年から施行された「身体障害者補助犬法」

この法律により、盲導犬、聴導犬、介助犬と一緒に飛行機やタクシーに乗ったり、飲食店や病院などに行くことが法的に認められた

法律を浸透させるためには、それぞれの地域の取り組みが欠かせない

さて、4月1日から施行される。エープリルフール←違う∑(OωO; ) 愛知県障害者差別解消促進運動 これ!愛知県は、やってる・気掛けてる人と差別・差別してる人が凄く共存している。ちゃんと自己の想いからの人が一部でやらされてる感 pic.twitter.com/xqpPBp0qHr

1 2





zawawa23さん

気になったことをまとめて行きます。どうぞよろしくお願いします♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう