1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

「お米屋さんが絶対にやらない米の保存」があるらしい

せっかく買ったのに「お米がダメになっちゃった」という経験はありませんか?それ、もしかしたら間違った保存方法をしているかもです。

更新日: 2016年03月25日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
308 お気に入り 252314 view
お気に入り追加

せっかく買ったのに「お米がダメになっちゃった」という経験はありませんか?

夏場に米びつの中で虫が発生し、驚いてお米を全部捨ててしまった経験はありませんか?

お米を買って来て、しばらく経つと、開封した時と、味が変わっていることないですか?

とてもありがたい話なのですが、せっかくの新鮮なお米をカビや虫がついてダメにしてしまった経験はありませんか

それもしかしたら、保存方法が間違っているかも?

Photo by Robert Daly / OJO Images

▼お米屋さんが絶対にやらない保存方法とは?

袋のまま放置する

お米を袋のまま放置したり、輪ゴムやクリップで閉じて使ったりしていませんか?

そのため買ってきたお米袋のまま保管すると、空気穴からどんどん酸化が進んでしまいます

常温で保存していると、お米の表面が酸化して、風味が落ちてしまいます

密閉容器に入れたお米は冷蔵庫の野菜室に保管すると、お米が冬眠状態になって劣化せずに、いつまでも美味しく食べることができますよ

キッチンのシンク下に保存する

キッチンは火や水を扱うため高温多湿になりがちです。冷蔵庫の近くは熱が発生しますし、シンクの下は湿気がひどいです

「米びつは流しの下という固定観念」がある我々には、なかなか考えるきっかけすらないですね

匂いの強いものの近くに保存する

洗剤や芳香剤・灯油・臭いの強い食べ物などの近くに保存するのはNGです

ニオイの強い洗剤や食材の近くにお米を置くと、お米にニオイが付いて、異臭の原因になる恐れがあります

ニオイのするものの近くには置かないようにしましょう

買いだめする

Photo by Image Source / DigitalVision

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう