1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

こんなことあるの…何度もテロに遭遇してしまった人たち

幸運?不幸?はたまた、それ以外…?ネットで話題の人物です

更新日: 2016年03月27日

37 お気に入り 92339 view
お気に入り追加

テロに3度も遭遇。。

米国人のメイソンさんはこれまでの人生で3度、凄惨なテロの現場に居合わせた。

最初は2013年4月。ボストン・マラソンに参加した母親のゴール到達を父親と一緒に待っていたウェルズさんは、ゴール付近で起きた2回の爆発で3人が死亡し100人以上が負傷した事件に遭遇

パリ同時多発テロ事件が起きた時、彼はパリで布教活動を行っており、テロの惨劇を目撃していたというのだ。

なんと…

両親によると、モルモン教の宣教団体に所属するさんウェルスさんは爆発が起こった時にブリュッセル国際空港に居合わせた。

彼は爆破による火傷、そしてアキレスけんの損傷などを負い入院中なのですが、現在快方に向かっているとの事。

「生き残ったのは幸運」

10代にして、テロ事件に3度も遭遇して巻き込まれてしまったメイソンさんだが、「少しでも世界を平和したい!」と、かねてから考えていた米軍入隊を希望しているそうだ。

3度のテロに遭遇してしまった時点で幸運とは言えないのですが、それでも生き残っている事は幸運以外の何物でもない

他にも、パリで2回テロに遭遇した人も

このマシューさん。幸か不幸か、アメリカ同時多発テロ事件でも難を逃れた生存者だったのです。

ニューヨークでテロに遭遇した際、仕事のため貿易センタービルの南棟の下にいたという。

パリ在住のマシューさんは市中心部のバタクラン劇場で同時テロに出くわした。脚を撃たれたが、襲撃犯らが銃弾を再装填する隙をみて非常口に向かい「床をはって1センチずつ進んだ」。

近くに住んでいた人の助けによって、助かったそうです。

「パリの方が千倍ひどかった」――マシューさんが、間一髪で最悪の事態を逃れた体験を語った。

今月22日に起った、ベルギーのテロ…

ベルギーの首都ブリュッセルで起きた連続テロ事件に関連して、警察が24日夜、急襲作戦を実行して6人を拘束した。

また、パリのテロで中心的役割を果たしたとされ逮捕されたサラ・アブデスラム容疑者が、「原発を狙ったテロ計画を進めていた」とも報じている。

ドイツでは、捜査当局が実行犯とされる容疑者と関わりがあったとみられる男2人を逮捕したと伝えられるなど、捜査の動きはヨーロッパ各地に広がりを見せています。

1





ごるばちょKOさん



  • 話題の動画をまとめよう