1. まとめトップ
  2. レシピ

パサパサの食パンをフワフワにする裏技6選

時間が経ってパサパサになった食パンをモチモチのフワフワに復活させる裏技をまとめました。どれも手軽に用意できる調理器具や食材などなので、すぐに実践できます。

更新日: 2016年03月29日

gift_playerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
217 お気に入り 49323 view
お気に入り追加

パサパサはイヤ!フワフワの食パンを食べたい♪

ああ…食パン食べたい…甘くてふわふわの…耳までふわふわの

食パンは、しばらく放置するとパサパサになってしまいます。パサパサで固くなってしまった食パンは"調理器具”でフワフワのモチモチに蘇ります。そう、ふわふわに戻す方法があるんです!

なぜ食パンはパサパサになるのか?

こんびにの食パンってなんで買ったその日にもうぱさぱさっぽいの。

パンやご飯などのデンプン質を含むものは、時間がたつことで劣化してしまい、老化(β化)が起こることでかたくなってしまいます。また、パンに含まれる水分が抜けていってしまうことでもかたくなっていきます。

フワフワにするには…

1.電子レンジで温める

濡らしたキッチンタオルに包んで電子レンジに入れて500Wで1分程度チンしてください。ふわふわほかほかのパンができあがりです。

湿らせたタオルやキッチンペーパーでパンを包み、レンジの高い温度で10秒あたためるとふわふわに!それでもまだ固いときは、10秒ずつ様子を見ながら温めましょう。ただし、すぐ固くなるので早めに食べること!

食パンは焼きたてが一番おいしいですが、時間のない朝食などで焼き立てが味わえない場合にレンジに短時間かけると、モチモチで、でき立て感覚に!食感はしっとりとした感じで、いい香りが♪

パサパサするから市販の食パンがちょっと苦手なの。でも電子レンジで20秒くらい暖めると、モチモチしておいしいの。トースターでつくるパンは半年に一回でいい。

一番好きなパンは、食パンを電子レンジで数秒温めたパンです。

2.蒸し器で蒸す

あらかじめお湯を沸騰させておいた蒸し器に、食パンを投入。あとは30秒~1分ほど待つだけで、ミミまでふわっふわの蒸し食パンが出来あがります。

出典eonet.jp

蒸し上がった食パンを持ってみると、ぷるぷるっと震えるほどのやわらかさ。そのまま口へ運ぶとふわっふわ、噛むとモッチモチの食感で、舌の上でしっとりとろけます。蒸した方がそのまま食べるよりも小麦の香ばしさ、甘みがよりしっかりと主張してくる!

食パンを蒸し器で1分蒸して食べる「蒸し食パン」なるものをやってみた。すげぇもちもち!!持つだけで食パンがへこむ!!トゥルースリーパーみたい!!!!

パンは水分がない状態になって固くなってしまいます。したがって、蒸すと水分が入りふわふわに戻ってくれるのです。

3.オーブンでアルミホイルに包んで焼く

アルミホイルで食パンを包み、200℃のオーブンで15分ほど焼くと柔らかくなります。

アルミホイルで包むのがポイント。

パンから出た水分が、アルミホイルの中で対流するため、水分を逃さずに焼き上げることができるのだそうです。

かなり水分が飛んでカチカチになっているパンは水で濡らしたキッチンペーパーをかたく絞り、それで包んでからアルミホイルに包んで焼きます。

4.新しい食パンの水分を利用する

食パンが複数個あるなら、固いパンを新しいパンで囲むように袋に入れるか、ラップで包んでみましょう。半日ほどたてばまわりの水分を吸収して、かたくなったパンがふわふわに復活します。

かたくなってしまった食パンも、ちょっと新しい食パンと一緒にするだけで復活できるとなれば、おいしい食パンがいつでも食べられるようになるはず。もし食パンを買いすぎてしまったときは、ぜひ試してみてくださいね。

ただしかたくなったパンの量が多すぎると、逆に新しいパンの水分が抜けすぎてしまうので注意しましょう。

5.霧吹きで水を吹く

1 2





お気に入り登録してくださった方、ありがとうございます。食・美容健康・旬なネタを中心にまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう