1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『公開処刑』『ワシントン核爆弾投下』、北朝鮮の暴走が最高潮に…

謝罪なければ軍事行動、責任者の公開処刑要求、核爆弾投下、北朝鮮は3つの威嚇とともに米韓に『最後通告状』を打ち出した。北朝鮮の怒りは止まらず暴走を始めてどこへいくのだろうか。

更新日: 2016年03月27日

blanchul96さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
42 お気に入り 147303 view
お気に入り追加

26日 北朝鮮は『ワシントン核爆弾攻撃』のプロバガンダ動画を公開

最後に星条旗が炎で包まれる極めて攻撃的な内容だ

北朝鮮がアメリカの首都ワシントンD.C.を潜水艦から”核ミサイル攻撃”する動画を公開した

動画のタイトルは「ラスト・チャンス」という意味で、米朝関係の歴史を簡単に描いた後核爆弾投下のシミュレーション映像が映る内容

この動画は北朝鮮が”魅力的な国”に見えるよう観光客向けに開設された「dprktoday.com」に投稿された

韓国の責任者の『公開謝罪・処刑なければ軍事行動』の最後通告

謝罪なければ北朝鮮の祖国平和統一委員会は23日、朴大統領を「除去」するための「報復戦」に入ると警告した。北朝鮮に対して一貫して強気な態度を取り続けてきた朴槿恵大統領はどんな対応をみせるだろうか。

北朝鮮軍前線大連合部隊の長距離砲兵隊らが韓国政権に対し「最後通告状」を発表した

米韓への怒りは金正恩第1書記ら首脳部への攻撃を想定した”米韓合同軍事訓練”に対する反感からきたものだという

通告状は「首脳部を討とうとするのは最も許されない罪悪だ」とし、「今すぐにでも(長距離砲の)発射ボタンを押せば、敵陣は瞬時に灰となるだろう」などと威嚇している

この2つの威嚇のもとである『米韓軍事演習』とは

米韓の海兵隊が12日、韓国・浦項で軍事演習を実施し、上陸訓練やパラシュート降下訓練を行った。米韓軍事演習については、北朝鮮が報復をちらつかせている。

アメリカと韓国による過去最大規模の合同軍事演習に北朝鮮が反発する中、12日は北朝鮮への上陸を想定した訓練が公開された

アメリカ軍の兵力が画期的に増強され、原子力空母や最新の戦略爆撃機も参加する北朝鮮にとって極めて恐ろしい内容だった

アメリカ軍だけで去年より6000人多い1万8000人が参加し、過去最大の規模

米国の思わくとしては「連合国の強さを理解し核攻撃などによる脅迫を防ぐ」ことであったが実際は裏目にでてしまった

怒り敵意を振りまく北朝鮮、軍事訓練だけでは納まらなかった

朝鮮中央テレビ「朴槿恵大統領らが我が軍の最後通告に応じなければ、前線大連合部隊の長距離砲兵隊は、無慈悲な軍事行動に出る」
北朝鮮によれば砲撃の準備がすでに整っているという。

25日に行った米韓訓練の対抗と思われる北朝鮮の過去最大規模の軍事訓練から連日づけで過激な行動が絶えない

北朝鮮の対抗軍事訓練が朴槿恵大統領によって「無謀な挑発は自滅の道」と一蹴されたことに激高したと思われる

謝罪と公開処刑って・・・もう両国には後がない

2月のデータでは北朝鮮のロケット燃料輸入量が6倍以上の急増

北朝鮮が中国から輸入する航空機用燃料(ケロシン)が、国連安保理が対北朝鮮制裁を決議する直前の2月に前月比で約6倍と急増していたことがわかった

北朝鮮には3月から国連の制裁によって様々な輸入・輸出の禁止が待っている

中国との交易がもっとも密接で輸入した航空機用のケロシンは今年1月に約36.3トンだったが、2月には約215.3トンと急増していた

出典毎日新聞2016年3月26日 東京朝刊より

北朝鮮が8~25日に発射を通告している長距離弾道ミサイルについて、米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は、北朝鮮の衛星発射場を4日に撮影した民間衛星写真から、ミサイル発射台近くに燃料タンク車の到着を確認

中国はこの制裁について最も渋っていた最後の国だったが突然手のひらを返したように採択した、そのため裏で制裁決議前にやりとりがあった可能性が考えられる

北朝鮮の止まらない暴走にTwitter上では恐怖と困惑の声

1 2





blanchul96さん

宇宙まで飛ばしたいと思ってます

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう