1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【民進党】民主党解党の陰で、あの愛らしいキャラ「民主くん」の活躍が注目の的になっていた

民主党と維新の党が合併し「民進党」が結党した。これにより民主党は20年の歴史に幕を下ろすこととなったが、民主党の解党が決まって以降、注目されてきたのはマスコットの「民主くん」の去就だ。新たに「民進党」公認をめざす民主くんのけなげな姿をご覧下さい。

更新日: 2016年03月28日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 18445 view
お気に入り追加

民主党と維新の党が合流し「民進党」へ

・民主党と維新の党が合併し「民進党」が結党した。これにより民主党は20年の歴史に幕を下ろすこととなったが、民主党の解党が決まって以降、注目されてきたのはマスコットの「民主くん」の去就だ。新たに「民進党」公認をめざす民主くんのけなげな姿をご覧下さい。

民主党と維新の党が合流した新党「民進党」は27日、東京都内のホテルで結党大会を開き、民主党代表だった岡田克也氏を初代代表に選出した。

「民進党は安倍政権の暴走を止めなければなりません。ここで政治の流れを変える。必ず結果を出す。安倍政権が衆参同日選挙をやるというのなら、受けて立とうではありませんか」(民進党 岡田克也代表)

・安倍政権との対決姿勢を鮮明にし、政権交代に向けて強い決意を示した岡田氏。

新しい党の顔となる人事ですが、待機児童問題で脚光を浴びた山尾氏を政調会長に登用したものの、大半が民主党からの横滑りとなり新鮮さに欠けるものとなりました。

・多くは民主党から引き継がれた人材が大半だが・・・。

結党大会には、姿を見せなかった。民進党代表に就任した岡田克也氏は、大会後の記者会見で「私の方から、今日は来ないように伝えた」と話した。

・悲し過ぎる…。

民主党時代のマークを模した「赤」色の民主くんにとって、非公認でも活動する場はなさそうだ。この日の結党大会にも一切姿を見せなかった。

民主くんは、ツイッターで「ボクは会場に行けませんので、ネット中継を見て民進党の新しい門出を祝福します」ともつぶやき、結党大会をネット中継で見守ったことも明かした。

・政権獲得の陰の功労者ともいえる「民主くん」に突きつけられた現実は、あまりに残酷だ。

これまで、民主党がなくなる事で「民主くん」の去就が注目されてきた

民主党と維新の党の合流により、キャラクター「民主くん」の失業問題がにわかに浮上し ている。

民主くんは民進党結党に伴う“失業”を回避しようと、若者との交流イベントに参加したり、岡田氏の記者会見に乱入したりして、存在感を猛アピールしてきた。

・去就が注目される中、存在感が日増しに高まっていた民主くん。

民主党の「主」を書き換えれば新しい党名になるというのです。次々になくなっていく「民主」に気が気でない「民主くん」。

・自民党への移籍を固辞し、民進党への合流を希望してきた民主くん

自民党への「移籍話」もあった。3月11日夜には自民党の平将明衆院議員が
“「民主党をリストラされそうな民主くんを自民党で引き取って、『自由』の鉢
巻つけていただいて、自由民主くんに生まれ変わって、充実した第二の人生を送ってもらおう」
とツイートした

・自民からのオファーも。

これに対し民主くんはこの日、「身に過ぎて光栄なことですが。申し訳ございません…」とツイート。平氏のオファーを断った。

自民党入りを提案していた平氏は、「残念です。大変な逆風の中、常に明るく元気にふるまう姿を拝見し、敵ながらあっぱれと思っていました。民主くんの今後のご活躍をお祈り申し上げます」とツイートを返し、民主くんにエールを送った。

・公認を得るために「改名」も辞さない姿勢を示した

党名決定が報じられた直後は「文字を付け足せば『民主くん』は『民進くん』になれます!」などと冗談を飛ばす余裕もあった

・しかし「リストラ」が現実味を帯びたとき…真剣に改名を検討することに。

民主くんの名前のままでは、非公認でも党キャラとしての活動の場は難しく、「進くん」として再出発する準備をしているとみられる。

・民進党の岡田氏も、民主くんの改名について「私は彼の決断を待っているところだ。こちらから強制はしていない」という見解を示した。

・「民主党」岡田代表の最後の記者会見で民主くんが託したメッセージは

民主党の岡田克也代表は25日午後、新党「民進党」の結党大会(27日)を前に、民主党代表としての最後の記者会見に臨んだ。質問が出尽くしたころを見計らって、突如、会見場に姿を見せたのは、新党結成に伴い去就が注目される民主党のマスコットキャラクター「民主くん」だった。

民主くんはおもむろに色紙を取り出して岡田氏に手渡した。

 「新しい歴史に漕ぎ出せ仲間達よ 我ら思う、故に我ら在り」

・デカルトの名言を連想する言葉。

このフレーズは、人気グループの氣志團が、出会いと別れ、旅立ちをテーマに歌った「我ら思う 故に我ら在り」という曲の一節。

・出典は意外なところだった。

1 2





shiro05さん



  • 話題の動画をまとめよう