1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「キリスト教徒が標的」…パキスタンで起きた自爆テロが酷すぎる

パキスタン東部の公園の駐車場で大きな爆発があり、少なくとも65人が死亡、約300人がけがをしました。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月28日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 64872 view
お気に入り追加

○パキスタン公園で自爆テロ

パキスタン東部の公園の駐車場で大きな爆発があり、少なくとも65人が死亡、約300人がけがをしました。

イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」の一派が28日までに犯行声明を出した。

○現場はキリスト教の信者で込み合っていた

爆発は27日夜、パキスタン東部のラホールにある公園の駐車場で起きました。

公園は当時、キリスト教の祭日「イースター(Easter、復活祭)」を祝う信者らで混み合っていた。

○多くが女性や子どもが犠牲になった

この爆発で、これまでに少なくとも65人が死亡、約300人がけがをしていて、その多くが女性や子どもだということです。

当局によると、ブランコなどがある子どもの遊び場の近くで自爆犯が金属の球を詰めた爆発物を爆発させた。

死者数は今年起きた攻撃の中で最多となっており、その数はさらに増える恐れがあると当局はみている。

○現場では悪夢のような光景が繰り広げられた

目撃者らによると、現場では子どもたちの叫び声が響き渡り、人々が負傷者を抱えて運び出したり、家族を必死で探したりする悪夢のような光景が繰り広げられた。

公園の向かいに住む男性は、爆発の衝撃で自宅の窓ガラスが吹き飛ばされたと語った。

「10分後に外に出たら、家の壁には人間の肉片がついていた。人々は泣き叫び、救急車の音も聞こえた」。

○イスラム過激派組織が犯行声明

事件のあと国内最大のイスラム過激派組織「パキスタン・タリバン運動」につながる過激派グループが声明を出し、犯行を認めました。

パキスタンでは、北西部で政府が過激派組織に対して続けている軍事作戦への報復とみられるテロや襲撃が相次いでいますが、シャリフ首相の地元である東部のラホールは治安は比較的落ち着いていました。

○このニュースについてネットでも話題になっている

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう