1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ベルギーテロの追悼集会で衝突… 移民の是非で割れるベルギーの現在。

ベルギーテロの大規模集会は中止されましたが、市民が自発的に行いました。その追悼集会で、極右集団が乱入し警官と衝突しています。ベルギーテロや、この追悼集会についてまとめてみました。

更新日: 2016年05月27日

涼泉有樹さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 50140 view
お気に入り追加

・ベルギーで起きた連続爆破テロ。

ベルギー連続テロでは、ブリュッセルの国際空港と地下鉄駅の自爆テロで、31人の犠牲者と多数の負傷者が生じた。

ベルギー政府は29日、同時テロによる犠牲者が全て特定され、人数が32人になったと発表した。

欧州連合(EU)本部があるベルギーの首都ブリュッセルの国際空港と地下鉄駅で、爆破テロが相次いで発生した。

EUの本部などがあり、欧州の首都とも呼ばれるベルギー・ブリュッセルで連続爆破テロが起こりました。
ヨーロッパでは不安の声が挙がっています。

・容疑者については依然、捜査中です。

ベルギー同時テロなどに関連し、パリやブリュッセルなどでテロ容疑者らを相次ぎ拘束した。

うち二人がブリュッセル国際空港で、一人が地下鉄駅で自爆した。残る一人は空港から逃走し、当局が行方を捜査。

逮捕されたと報道されたのはナジム・ラシュラウィ容疑者。ベルギーの空港と地下鉄で起きた連続自爆テロの後、逃走していた。

監視カメラの新たな映像を公開し、情報の提供を呼びかけています。

容疑者のうち、2人は自爆しましたが、他の容疑者については、拘束されたり、逃走しているものもいます。
早急に容疑者を逮捕してほしいものです。

・各地で哀悼の意が示されました。

観光名所でベルギー国旗の「赤、黄、黒」の3色が映し出され、犠牲者を追悼した。

欧州各国では22日、観光名所でベルギー国旗をライトアップして犠牲者を追悼した。

ベルギーの連続テロを受けて、ヨーロッパ各地では、ベルギー国旗をライトアップするなどテロの犠牲者を追悼しています。

ヨーロッパ各地で哀悼の意を示すライトアップが行われ、また各国の大統領がベルギーテロに対して声明を発表しています。

・中止要請された追悼集会も人々が集結…

ブリュッセル中心部で27日予定されていた大規模な追悼集会がベルギー政府の要請で中止となった。

27日に予定されていた追悼集会は、「テロの捜査を優先するため」として、延期になった。

世界遺産「グランプラス」に近いこの広場では、多くの人々が花束を手向け、追悼の場となっている。

1 2





涼泉有樹さん

いろいろな分野のまとめを書いていきます。
ぜひ、まとめをチェックしてください。



  • 話題の動画をまとめよう