1. まとめトップ
  2. カラダ

春の陽気で一日中眠い人へ!毎日をスッキリさせるコツ

一生寝てたいけど、そういう訳には行かない人へ

更新日: 2016年03月29日

250 お気に入り 83702 view
お気に入り追加

「春眠暁を覚えず」の季節がやってきた

春になると眠いしだるい・・・実はそう感じる人は全体の約60%を占めています

冬は寒いので体温調節のために血管が縮まっています。この状態は交感神経優位になっていることを意味しており、寒い冬は体が緊張状態にある

しかし、だんだん暖かくなってくると、その必要がなくなり自律神経の働きも弱くなって、かわりにリラックスさせる役目の副交感神経の働きが活発になってくるのです

寒いと暖かいの繰り返しで自律神経がごっちゃになってしまう

春の眠気を退治しよう

寝る前にパジャマに着替えると、起きている時間と眠る時間のメリハリを付けやすくなる効果があります

パジャマを着て寝るようになってから3ヶ月。明らかに睡眠の質が高まり、夜中目が覚めにくくなった。かなりオヌヌメ。

さっきピケで買ってきた パジャマジャマ セットアップで買ったよ テロテロ系しか持ってなかったから 初のシャツパジャマ❣ ギンガムチェックが可愛い #gelatopique #ジェラートピケ pic.twitter.com/FDfE5gYimN

初GUしてきた!パジャマ可愛いのに安いから2着も買っちゃったぜ! pic.twitter.com/IE2iMGPN9f

お気に入りの可愛いパジャマ探しも楽しそう♡

めんどくさがらず「湯船」に

Photo by Comstock / Stockbyte

シャワーばかりの生活では、疲れが取れないだけでなく、体からにおいやすくなります

欧米人の体臭は、食事や人種のほかに、湯船に浸からないからとも言われています

お風呂に入る時間は好みがあると思いますが、できることなら就寝前の1時間以内に入ると、熟睡しやすくなります

なぜかというと、お風呂で体が温まった状態で布団に入ると、脳がほてっていたり、血液の循環が良くなりすぎるので中々眠りに付きにくくなる

ちょうど体温が下がる頃に、眠気も襲ってきます

湯船って大事なんだなって実感。 5時間睡眠だけどすっごくすっきりしてる!

電気を消して湯船に浸かると目の疲労が劇的にとれるってのを目にして試したけど3時間半睡眠でも目が重くない!! 毎日やってみよ〜٩( 'ω' )و

いわゆる「闇風呂」もいいらしい

どうしても眠くなったら…

最低でも5秒から10秒の間、全身に力を入れてみて、目がさえてきたなと思ったらやめるようにしましょう

かむという行為は脳を活性化してくれる効果があるので、しゃっきりして仕事への集中力が呼び戻されます

耳をつまんで引っ張ってください。この時、前後左右あらゆる方向に引っ張るのがコツです

こめかみから耳の付け根もマッサージすることで、脳と顔の血行がよくなり、眠気も消えます

もういっそ寝ちゃえ

「居眠り」ではなく「パワーナップ」と呼べば、後ろめたさもなくなります。横にならずに椅子に腰掛けたまま、5~10分ほどだけ眠ります

脳がスッキリ!「春の陽気」を逆手に気持ちよく寝てみるのもアリかも◎

1





saki-saku-sakeさん

おてやわらかに



  • 話題の動画をまとめよう