1. まとめトップ

個性派におすすめ!長くつきあえる日本製「トートバッグ」12選

製法、素材にこだわったmade in Japanのトートバッグをまとめてみました。

更新日: 2016年05月20日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
641 お気に入り 136503 view
お気に入り追加

■ amiacalva (アミアカルヴァ)

次世代のファッション業界を担うクリエーターと有力セレクトショップの”ビジネスマッチング”イベント、「ドラフト!」でデビューを果たした日本のバッグブランド。

古代魚の「AMIACALVA」に由来し、進化する必要のないほど完成されたデザインと機能性を追求するという思いが込めらています。

素材:国産の6号キャンバスにパラフィン加工を施し、さらに洗い加工を加える事によってビンテージの風合いを再現した生地を使用しています。

付属の革は栃木レザーの中でも最厚クラスを使用。丈夫で長くお使い頂けます。
半年程使うと革に艶や当たりが出てきて、キャンバスとの相性も更に良くなってきます。
使い始めからも十分な風合いですが、使う程により迫力を増すデザインとなっておりますので、シンプルですが使い手と共に完成する愛着の湧いてくるトートバックです。

デニムの産地として有名な岡山県で作られたコーマキャンバスを使用。そこにパラフィンコーティングを施して防水性を高めているのはもちろん、使い込む程に生地にアタリが残り、独特の質感や経年変化をより味わえる仕様。

【コーマキャンバス(combed yarn canvas)とは】
綿花をコーミング(梳かす)して、短い未熟な繊維を取除き、残った長い繊維のみを用いて作られた高級糸「コーマ」を用いて織られたキャンバスです。

■ MORMYRUS (モルミルス)

国内外よりセレクトした上質な素材を生かした大人カジュアルなバッグブランド。

ナチュラルなヘンプで作った2WAYトートバッグです。
持ち手は国産のヌメ革を使用しており丈夫です。
製品水洗いをしておりますので自然なシワやあたりが出ています。
使っていくうちに柔らかくなり、より風合いが出てきます。
内側にポケットが1つあります。

ショルダーバッグとして使用すると形が変わり二通りのデザインが楽しめます。

リネンは染色後、3回洗いにかけ生地表面に独特なあたりを出しています。
ハンドルには国産のヌメ革を使用しています。
内ポケットが3つ、表面にも1つポケットがありとても便利です。上部はホックで止められます。

荷物もたっぷり入るので、普段お荷物の多めの方にもおすすめです。

■ tobiuo (トビウオ)

トビウオで使用している帆布は、日本の代表的な産地、岡山県倉敷市にある創業80年を迎える老舗の帆布工場で作られています。

今では自動織機が多い中、昔ながらのシャトル織機で織られており、強度に優れ、しかも綿そのものの柔らかい質感が保たれています。

こちらのバッグには縫い目がほとんど見あたりません。
口が中に折り込まれていたり、底にくぼみができていたりと、とにかく柔らかくナチュラルな仕上がりです。

このタイプにありがちな、出し入れにくさを感じないのも、このタフっとした空気感のせいです。

ワイドサイズの大きすぎない大きめトートバッグ

底にアンダーラインのテープを配し、物を入れても型くずれしないように工夫されたアイテム。

ショルダー部はチョコ色のテープを使用。

底に縫われたテープは、まさにアンダーライン。

ちらっとしか見えないのにやけに印象的。

■ REN (レン)

『REN/レン』のレザーバッグは、素材の選定、型紙製作、プロトタイプ製作を、すべてデザイナーが一貫して行い作り出されています

素材:牛革

Lサイズは、15インチのノートパソコンや、A4ファイルを横向きに余裕をもって収納できる、大きめな横型トートバッグです。

他のトートバッグよりも、より強度を高めるために、ハンドルの革を4重に折り縫い合わせ、根元部分を本体に2箇所縫い込みました。
内側には底革を縫い合わせ、角の硬いファイルなどからのダメージが軽減されるようになっています。
革の厚みが均一で収縮性が少なく、バッグとして使用する際の問題ない引張り強度がとれており、7~8kg程の重さに耐えることができます。

素材:牛革

RENの定番デザイン”ランチバッグM”は、普段使いのメインバッグや、お買い物用のサブバッグとしてリピーターに好評です。牛革"バレンシア"の上質な部位だけを選び、裁断・縫製。レザーの表面は強く汚れやキズが目立ちにくく、使い込むほどに風合いも更に柔らかく馴染んできます。
メインスペースにはA4サイズの資料や雑誌を縦入れで3~4cmはみ出る程度と、ざっくりと収納しても便利。収納機能は最小限に、パスケースが収納可能なつり下げポケットが内部に1つ備わっています。

出典zozo.jp

VALENCIA / バレンシア』とは、姫路のタンナーにて、『ボリューム感と、くったりとしたソフトな風合い』にこだわり作られた素上げシュリンクレザーです。
良質な北米産ステアを使用し、ソフトな風合いを表現するためにクロムなめしをおこない染色。その後、空打ち加工し自然なシュリンクを表現しました。
仕上げには、汚れ防止のためにレザーの表面にごく薄いTOP加工が施されています。
このレザーは、水等で濡れても水分を拭き取った後に陰干しすればシミになりずらく、油分が多く含まれているためスレキズは布等でこすると馴染んでいきます。
使いこむほどに自然なエイジングが楽しめるレザーです。

■ 倉敷帆布 (くらしきはんぷ)

1 2 3 4





ラガモさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう