1. まとめトップ
  2. カラダ

新しい環境でガンバル人へ!今から始める5つの健康的な食習慣

今から始める健康的な食習慣を厳選して5つまとめました。どれもシンプルで実践しやすく美容健康やストレス対策に効果的な習慣です。これから新生活をスタートさせる人におすすめ!実践法を紹介します。

更新日: 2016年03月30日

gift_playerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
253 お気に入り 55881 view
お気に入り追加

新生活スタート!

入学、就職、転職、転勤、引っ越し…
多くの人が新しい環境を迎えるこの季節。

この時期、期待とともに抱えやすいのが不安やストレスです。新しい生活や慣れない環境は、知らず知らずのうちに身体や肌に悪影響を与えてしまうもの。

毎日の食事は、ストレス対策にはとても大切。そして、一度つかんだ「良い生活のリズム」は忘れないようにしないといけません。

新生活は良い食習慣を身につけてるのに、ぴったりのタイミングです♪

最初が大事!今から始める健康的な食習慣

1.1日3食を心がける

規則正しい三度の食事が腸の働きにリズムを与え便秘症をなくし、免疫力を高めます。

1日3食は当たり前のようで、実は若い世代を中心に疎かになってきています。時間がない、作るのはめんどうという人もまずは簡単なものからはじめましょう。パンとコーヒーだけでも、市販のものでもOK。3食をとる習慣をつけることが大事です。

1人暮らし始めてから 1日3食きちんと食べてるし 今のところちゃんと自炊してるし 掃除も洗濯も毎日出来てるし いい感じ~(*´-`)笑 寂しいのはずっとだけど、 少し慣れてきたっ!

食事の基本は1日3食。特に大切なのが朝食です。朝食には体温を上げ、体が活性化し、勉強や仕事の能率UPするという役割があります。

2.夕食は就寝の3時間前まで

食べ物を食べてすぐ寝ると、からだに蓄積される脂肪量は多くなります。寝る3時間以内は食べない、飲まない習慣をつけましょう。

寝る直前に食事をすることにより、血糖が睡眠中にピークを迎えます。すると肝臓で脂肪に変わり、体内に脂肪として蓄積されやすくなります。

寝る前に食べ残していたポテトチップスを卑しく食べたせいで、朝方から胃がもたれて気持ちわるい。←反省

不眠の原因のひとつに、寝る直前の飲食があげられます。寝る時に胃の中に食べ物が入っていると、消化のために、胃や腸はフル稼働。ゆっくり睡眠できません。

十分な睡眠がとれないと、栄養の吸収と消化のサイクルが狂うため、朝に排便されなくなり、便秘になることも。

早めの食事を心掛けることで、ダイエットにも健康にも良くなり、朝スッキリ起きれるようになります。そして何より朝ご飯がおいしいです。

寝る前に牛乳やしょうが湯、ハーブティーを飲むといった習慣がある方もいると思います。それぞれリラックス効果があり、消化も早く負担は軽いのですが、こちらも摂取は30分程前までがオススメ。

3.温かい飲み物を最初に飲む

冬は熱めにし、夏はぬるめにすると飲みやすいでしょう。特に朝、ぬるま湯程度の人間の体温に近い温度は、ゆっくりと胃腸を目覚めさせ、全身の血流を促してくれます。

朝起きて最初に温かい飲み物を飲む。お酒を飲む時は温かいお茶などを先に飲んでから酒を飲む。ご飯を食べる時はスープを先に飲む。といったように、意識して温かい飲み物を最初に飲むようにすると、胃腸に良いと言われています。

花粉症にも冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物のほうが良いです。温かい飲み物を意識的に飲むようにしましょう。

【花粉症に効く飲み物】 お茶 ポリフェノールのカテキンを多く含んでいます。ヘタな薬を飲むより、温かいお茶を定期的に飲むほうが、体にいいです。 jhlt.xsrv.jp/s/kafun.html

ただ、ひとつ注意としてはお茶(紅茶・緑茶・烏龍茶など)にはタンニンが含まれていて過度に摂取すると尿管結石になりやすくなるので大量に飲む場合は白湯や麦茶がおすすめ。

4.1日1つ生の野菜か果物を食べる

しっかりとビタミンをとりたい場合は加熱せず、生のまま食べましょう。茹でてしまうと、ビタミンCは水の中に溶け出してしまいます。

野菜や果物が本来持つ栄養素や食物繊維を取り入れることで、より美しい体づくりを続けていくことができます。

1 2





お気に入り登録してくださった方、ありがとうございます。食・美容健康・旬なネタを中心にまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう