1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

こだわりたい。大人のための「ちょっといい文房具」をまとめてみた

社会人になったらこだわってみたい。

更新日: 2016年03月29日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
394 お気に入り 141194 view
お気に入り追加

▼ 「ちょっといい文房具」をまとめてみました。

◇ スライドペンホルダー

まったく新しい発想、筆記用具をスライド収納。スマートに必要なペンだけ持って行くのがシンプル。 ビジネスの場をより個性的に、キレのある大人のステーショナリー。

スマートで無駄のない流麗なデザイン同様、「カッコイイ」「欲しい」ただそれだけでいいと思わせる佇まいと機能性が両立しています。

◇ こだわりのスタイラス鉛筆

タブレット端末の操作に使えるタッチペン付きの鉛筆です。 鉛筆とスタイラスペンを一体化した商品は特許を取得しており、唯一無二のアイテムです。

キャップ部に鉛筆削りと消しゴムを内蔵し、1本で紙面への筆記からタッチパネルの操作もできる便利な製品です。鉛筆は、手や紙面を汚しにくい「ウォペックス」を採用しています。

鉛筆と鉛筆補助軸、鉛筆削り、消しゴムが一体となった鉛筆といえば、ファーバーカステルの「パーフェクトペンシル」があまりにも有名だが、The Pencilは、それに加えてスタイラスまでもを加えたパーフェクト+(プラス)鉛筆なのだ。

◇ 木製のスティック携帯はさみ

日本が世界に誇るブランド、旭川木工。その新進気鋭の木工旋盤職人の井上寛之さんが一本一本手作りで作り上げる「THE STICKYLE forest」は、月にわずか50本しか作られません。

素材に楓の木を使い、白い木目の「メープル」。使い込むと飴色に変化する高級木材、さくらんぼの木を使用した「チェリー」。世界三大銘木のひとつ、くるみの木で製作し、使い込むほどに色の味わいが深まる「ウォールナット」

木の継ぎ目や左右の合わせなど、その随所に、精緻な匠の技が息づいている。

◇ 「お気に入り」を持ち歩くペンケース

実は拡げると複雑な形状をした、たった1枚のパーツを内側に折り込むことで、継ぎ目のないなめらかで一体感のあるフォルムが形成されています。

その名の通り、ケースではなくスリーブ(袖)の形状をしている。ペンを差込む2つのスリーブがあって、そこにペンを入れた状態で折り曲げると、もう一本入れられるフラップが現れる。

外出先などで複数のペンを使うとき、このように使っていない一本を置いておくとすぐに見つけられる上、転がって落ちることも無いので意外に重宝します。

◇ ガラス容器のシャープナー

1 2 3





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう