1. まとめトップ
  2. 雑学

怖い…サイコパスと、人工知能が恐ろしいほど似てる

こういう未来が、どうかきませんように…。

更新日: 2016年04月13日

ぱれるもさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
399 お気に入り 415657 view
お気に入り追加

サイコパスと、人工知能は恐ろしいほど似てる

サイコパスは、共感や同情する心(脳の機能)が生まれつき欠けている人。

サイコパスは、非情に知能が高く、社交的で会話もうまい魅力的なタイプになる傾向

一見、サイコパスは普通に見える。それどころか理想的な人格。

一方で、他者の感情や権利、災難などに対して無情であり冷笑的

一方で、人の心や価値がわからない。

彼らは本当にその感覚を味わって言葉にしているのではなく、周りの人を観察することで得た経験から言葉を選んでいるに過ぎない

それは、セリフのような心を感じられない言葉。

人間の脳をはるかに超えたコンピューターが、共感や同情する心を持てるかはわからない。

人を凌駕(りょうが)する知性を持つ機械「人工知能」

人間と同じ脳型コンピューターができれば、知能ははるかに上になると予測されている。

人類が完全なるAIを開発すれば、それは自ら発展し、加速度的に自身を再設計し始める

人工知能は、自分自身で「人間」を学んでいく。

マシンの“態度”は明らかに、相手の人間が前に言ったことに基づく“正しい”受け答えのモデルから計算処理(“予測”)したもの

いま開発中の人工知能は、セリフのような心を感じられない言葉しか出せていない。

サイコパスと人工知能が出す答えも、同じ?

サイコパスと人工知能が「5人を助けるため1人を殺してもよいか?」という究極の選択を前にした時。

「5人を助けるために1人を犠牲にしてもよいか」という道徳的ジレンマに関する問題

人ならば、こんな選択を選べないが…。

サイコパスは、5人の人質をかくまうために泣く一人の赤ちゃんの首を絞めていいかとの質問にも「いいだろう」という

もし仮に人工知能でも、そこに欺瞞以外のなにも覚えないだろう

より多くの人命を守るのが正解と、自分にプログラミングしているなら。

実はどちらも悪じゃなく、合理的すぎる存在

人工知能も、サイコパスのように。。。というのが、危険視する人たちの考えてること。

サイコパスの脳は人の感情に訴えかけるような言葉に対しても、無機質な言葉と同じようにしか反応しない特徴がある

サイコパスにとっては、人も物も同じ価値しか持てない。

できるだけ多くの人々に最大の幸福をもたらすことが社会の善であるとするとき

人工知能も、より合理的な答えを突き詰めていった時に。

人類よりも遥かな知能を持った人工知能が自ら思考を始めたとき、人類が『不要な存在と映るか、生かしておいて良い存在と映るか』

わたしたち、人類は合理的なのか?

「人工知能は悪魔を呼び出すようなものですから。聖水を持っている人が悪魔をコントロールできると思って、でも結果的にできなかった、というような」

答えは「殺人」ともなり得る時、ためらいもなく実行するのでは?と警鐘を鳴らす人もいる。

1





ぱれるもさん

好奇心旺盛ってよく言われます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう