1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

製作期間なんて関係ねぇ!こだわりすぎて中々完成しなかった映画

映画って監督の思いがたくさん詰まった作品です!しかし、こだわりすぎて製作期間がとてつもなく長くなってしまった映画もあるようです!

更新日: 2016年04月02日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
167 お気に入り 100001 view
お気に入り追加

ゴッホを題材にした映画「愛するフィンセント」が今年公開予定

この映画は「ひまわり」「星月夜」「自画像」などの作品と共に、ゴッホの生涯を描いた作品です。

1853年3月30日~1890年7月29日(満37歳没)

作品は感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派の代表的画家である。

制作に当たってはまず、俳優たちが演じるシーンをポーランド西部のヴロツラフ(Wroclaw)にあるスタジオで撮影する。

そのフィルムの画像をキャンバス上に投影してトレースした後、それをなぞって絵の具を使い後期印象派のスタイルで油画を描いていく。

出典fundo.jp

なんとゴッホが描いたような絵になっています

出典fundo.jp

パリの丘を描いた「モンマルトル」と風車の描かれた「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」が背景として登場している

出典fundo.jp

作品内の登場人物が動いています

この動画を見る限り、尋常ではないほどの苦労が伺えます

一人が1日で描ける油絵は6枚。これが映像化されるとたったの0.5秒分。88分の「Loving Vincent 」早く観たい!♪ "【2016年公開予定】ゴッホの一生を描いた映画、全カット油絵のみで作られたアニメーションが凄すぎる!" fundo.jp/59827

この作品には、100人以上の画家が制作に関わっています。しかも、作風を統一するために数ヶ月にも及ぶトレーニングを行っているのですからその本気度が伝わってきます。

「Loving Vincent(愛するフィンセント)」公開の正確な日付はまだ発表されていない様ですが、2016年中に公開される予定となっています。

ゴッホの映画を、事もあろうに油絵で作成しているって話を聞いた。 公開されたら、間違いなく、アニメ市場に残る作品になる。 演技も背景も、全てが変わるはず。 思いっきり、期待している。

ジブリ映画にもとんでもない製作期間になった映画があった!

2013年に公開されたジブリ映画

高畑監督にとって14年ぶりの新作となる『かぐや姫の物語』は、日本最古の物語文学「竹取物語」に隠された、ひとりの少女・かぐや姫の“罪と罰”を独特なタッチで描く長編アニメーション。

全国456スクリーンで公開され、2013年11月23日、24日の初日2日間で興収2億8,425万2,550円 動員22万2,822人になり映画観客動員ランキングで初登場第1位となった。

監督ののんびりさと、こだわりが強すぎて驚きの製作期間に!

1 2 3





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう