1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

簡単なメモの取り方があった。それ前にも言ったよね~が怖い

メモに関する失敗って誰もが経験します。基本に戻ってメモ取りとは何か?簡単にできるメモの取り方のコツを紹介します。

更新日: 2016年04月02日

630 お気に入り 145714 view
お気に入り追加

メモを取る習慣って身についていますか?

メモは、入ってくる情報をいかに簡潔に要点をピックアップし、まとめられるかにかかっています。

メモを取ると一言でいっても、どうやってメモを取ればいいか、よくわからない。

そもそもメモを取る意味は?

自分なりのメモ術を早い段階で身に付けることが、仕事をスムーズに進める第一歩となります。

リアルな「メモを取る」に対する声も上がっています。

対新人に質問されたときのNGワード、それ前も言ったよね? を発動するところだった

メモを取る謙虚な姿勢、信頼はそこから始まります

なぜ、メモを取るかというと、答えは実に単純「忘れたくないから」

メモを取ることのメリットは、こんな感じ!

手書きメモは頭に入りやすい人は自分の手で文字を書くことで、その内容を頭へインプットしやすくなると考えられているからです。

ミスを防ぐ メモに書いて残しておけば、単純な思い違いのミスを防ぐことができます。

発注数や電話番号など、間違えて伝達するとトラブルの元になりますよね。

相手の話を聞きながらメモを取ることで、相手に「ちゃんと話を聞いている」というメッセージを送ることができます。

では、簡単なメモの取り方アレコレを紹介します。

基本に立ち返って自分に合ったシステムを探してみると良いかもしれません。

同じ用紙に色々なメモが書いてあると、どのメモがどの用件のものなのか、わかりにくくなってしまいます。用紙は贅沢に使うように

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう