1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

オフィスに持ち込んでみたい。「かなり斬新すぎるチェア」たち

座り心地はどうでしょうか・・?

更新日: 2016年04月02日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
63 お気に入り 51965 view
お気に入り追加

▼ 斬新すぎるチェアをまとめてみました。

◇ 「ベスパ」をリサイクルしたチェア

「ベスパ」といえば、『ローマの休日』の主人公たちが街中をふたり乗りしたときに使われていたイタリア製のスクーター。そのベスパの前のパーツを使用したオフィスチェア

スクーターとオフィスチェアをつなげてしまう発想がスゴイ。それも、ベスパのチェアというだけあってオシャレな雰囲気を醸し出している。

ヘッドライトが点灯するほか、アンプ・スピーカー内蔵で音楽プレイヤーを接続できるようになっていて、合皮と布のコンビネーションのシート部分はセアトの70年代の人気車種「セアト124」のものが使われているそうです。

あら♥こんなの家にあったら仕事せずに 後ろ向きに跨いで スクーターごっこばっかりしてるわねぇ〜幾らなの?さぞかしお高いんでしょうね…… 80年代べスパのパーツで作られたオフィスチェア buzzap.jp/news/20160318-…

◇ どう座るのかわからないチェア

デザイナーPhillip Grassさんによる「Loopy」は、どこに腰掛けたらいいのか迷うような、いかにも3Dレンダリングでデザインしたんだろうと思ってしまう斬新なデザインのモダンチェア。

スチレンフォームやファイバーグラス素材で出来ています。2010年の作品なのですが、デザインスクール在学中の最後にデザインしたものなのだとか。残念ながら商品化はされていないようです。

◇ 極上なワークスペースを提供してくれるチェア

座りながら、寝そべりながら、立ちながら、、、いかなる姿勢での仕事にも対応可能なオフィスチェアで、ボタンを押すだけで好みの形態にトランスフォームします。

横になった時にマウスやキーボードがすべり落ちてこないのか心配になりましたが、マグネットで滑り落ちないようになっているようです。Apple製品やその他の製品に装着できるような汎用的なマグネットキットも用意されているとのこと。

小売価格は5,900ドル(約71万円)になる予定だという。そう、これはいかにも高価だ。しかし、他に類を見ないほどにユニークだし、開発に5年費やしただけあって細かいところまでうまく設計されている。

立ちたくなる事はあるなぁ。 こんなリクライニングだと確実に寝るけど。:仰向けでも作業できるPCデスク+チェアシステム「ALTWORK STATION」、3900ドルで予約開始 - ITmedia ニュース smar.ws/tsE9Y

◇ IT企業に置いてそうなロッキングチェア

赤い筋肉のようなバッグはリキッド仕様の柔らかいクッションパッドになっていて、体をシッカリと支えてくれます。見ただけで一度座ってみたくなりますね。

それはまるで、椅子に座るというよりも自分の体が椅子と一体であるかのような不思議な感覚に包まれるのだとか。

◇ オフィスが異様な雰囲気を醸し出すチェア

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう