1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

金沢旅行で観光したい、「正統派」じゃない裏観光スポット

金沢と言えば兼六園に東茶屋街といったスポットが有名ですね。でも実はもっと楽しめてほんの少し妖しい裏観光スポットがあるんです。

更新日: 2016年04月07日

93 お気に入り 18936 view
お気に入り追加

妙立寺(忍者寺)

忍者寺、と聞いて何を思い浮かべるだろうか。 バン!と叩くと畳や戸板がひっくり返り、窓から大凧に乗って高笑いしながら飛んでいく…のはマンガの読みすぎ、テレビの見すぎですね。
しかし、テレビやマンガの世界でなく、「忍者寺」は実在するのだ、金沢に。

どんでん返しや落とし穴、隠し部屋など、仕掛けからくりが数々…。忍者屋敷は遊園地やテーマパークでもおなじみだが、こちらは何といっても正真正銘のホンモノ。

老朽化が進み、予約がないと入る事はできません。 春休みや夏休みなど、集中しそうなときには、早めの予約をお勧めします。

永井豪記念館

石川県輪島市河井町1部123番地(朝市通り沿い)
こちらは金沢から少し足を伸ばしたところです

永井豪記念館では2mのマジンガーZのほか、等身大デビルマンにも会えちゃいます!

大人500円、小人200円朝市駐車場 道の駅輪島ふらっと訪夢より徒歩約10分なんです。

外観は周囲の景観に合わせた和風の趣ですが、一歩中に入ると別世界が広がっています。

もてなしドーム

金沢市木ノ新保町1番1号

金沢駅にあるドーム。新幹線でも飛行機でも到着するとまず見ることになる場所

オリジナリティがありながら、日本らしさをしっかり再現しているところが見事です。鼓門をくぐると、今度は総ガラス張りのもてなしドームが私たちを迎えてくれます。

米の大手旅行雑誌「トラベル・レジャー」のウェブ版において、日本で唯一「世界で最も美しい駅14選」に選出されるなど、海外の知名度も増してきています。

木倉町&大工町界隈

飲みに行く時はちょっとディープな金沢だと木倉町

地元、金沢に住んでいる方に教えてもらった木倉町と大工町界隈。お洒落なBarやレストランが立ち並ぶ木倉町の路地裏通りを歩けば観光ガイドやタウン誌には載らない金沢らしいお店が沢山ありました。

地元金沢の美味しい料理を頂きながら、彼と夜の素敵な金沢を満喫!お店で耳を澄ませば、カワイイ金沢弁が聞こえました。

お茶漬け志な野

金沢市片町1-10-10
お店にはルールあり
1.「やっほ」が基本用語(それ以外はしゃべれない空気)
2.「志な野茶漬け」という茶漬けメニューは「やっほ茶漬け」
3.お茶漬けは基本おかわりし放題。お代わりの際に「やっほ」と言う
4.撮影禁止・取材禁止(30年近く取材を受けていないという噂)
5.おしゃべり禁止(の雰囲気)
6.元気なく「やっほ」と言うと怒られる(最近はおっちゃんの年齢的に穏やか)

このお店が全国から熱い視線を受けているのが個性的すぎるご主人・おかみさんとお店のシステム。会話のほぼすべてを「ヤッホー」だけで済ませてしまうので、”ヤッホー茶漬け”と呼ばれるようになりました。

なお、金沢では誰も「志な野」(しなの)とは店のことを呼びません。「やっほ」の店でOKです。志な野という名前を知らない人もいるくらいです。

玉泉園

出典wdf.jp

金沢市小将町8-3

この「玉泉園」という名前は、加賀藩初代藩主・前田利長の正室、「玉泉院」が由来。
玉泉院は「永姫」とも呼ばれ、あの織田信長の四女で1571年に7歳の若さで加賀に嫁いだそうです。

昼は玉泉園を散策し、夜はライトアップした庭園を楽しみながら、玉泉邸こだわりのお料理を心ゆくまでご堪能ください。

素晴らしい名園を愛でながら美味しい料理に舌鼓を打つという贅沢が味わえます。

1 2





しっぽぷりんさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう