1. まとめトップ
  2. カラダ

歓迎会の前にチェック!! 悪酔いを防ぐ、ちょっとした予防策4選

4月といえば、歓迎会や送別会など、お酒を飲む機会が増えますよね。ついつい飲み過ぎて二日酔いに悩まされるなんてことも。そこで、悪酔いしないための、ちょっとした豆知識をまとめました。

更新日: 2016年04月08日

korikori2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
117 お気に入り 54043 view
お気に入り追加

■歓迎会の季節ですね

おはです!今日は仕事は良いんだけど、その後の飲み会がな(´・ω・`; )4月は歓迎会という名の飲み会多すぎ…1回にまとめてくれ!

■お酒を飲む機会が増える4月・・・悪酔いには気を付けて!!

頭痛い〜
気持ち悪い〜

4月といえば、歓迎会や送別会など、お酒を飲む機会が増えますよね。
職場の上司や先輩との宴席は、友達同士の飲み会とは違って、何かと気を使うもの・・・。
酔いつぶれて醜態を晒したり、二日酔いで翌日の仕事に影響してしまっては大変です!!
そこで、悪酔いを防ぐちょっとした豆知識をまとめました。

1. 空腹時のアルコールは酔いやすい。お酒の前に食べ物を!

空きっ腹のお酒はダメ!!
本格的に飲み始める前に、食べ物を胃に入れて。

空きっ腹にお酒を流しこむことは血液中のアルコール濃度を急上昇させ、胃を荒れやすくしてしまいます。

空腹時にお酒を飲むと、消化される“食物”がないため、アルコールは胃を素通りしてほとんどが小腸に流れ込み、アルコールの吸収が早くなってしまう。

胃の中に何か入っている時はアルコールの吸収が穏やかになります。

飲酒の前に「脂肪」を取るのも効果的

ヨーロッパの地中海で飲酒前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲むという習慣は世界中で有名となった二日酔いの予防・防止方法

ロシアでは飲酒前にバターやサワークリームを食べ二日酔い予防をする

他にはナッツ類なんかもいいらしいです。

2. おつまみには、枝豆がおすすめ!!

おつまみは低カロリー・高タンパク・ビタミン・ミネラルが多いものがオススメ

出典http://www.オルニチンサプリおすすめランキング.com/cat2/post_11.html

枝豆には、メチオニンと呼ばれるアルコールを分解してくれる成分が含まれているほか、アルコール代謝を促進させるビタミンB1、肝臓の働きを高めてくれるコリンも豊富。

そのほかにも、カキ、たこ、いか、ホタテ、しじみなどの海産物に豊富に含まれる成分『タウリン』も肝機能を高める、肝臓の細胞を保護するなどの働きがあります

居酒屋の定番メニューは、お酒のおつまみとして科学的にも理にかなっているんですね。

3. 「炭酸割り」より「水割り・お湯割り・お茶割り」

炭酸は炭酸飽和(二酸化炭素が水に溶ける)という性質により、アルコールの吸収を早めてしまいます。

ソーダ割りなどはアルコールを薄めてくれているようで、実はとても血中のアルコール濃度を上げている飲み方

炭酸割はアルコールの吸収速度を早めるので、炭酸割よりも水割り・お茶割りのほうが酔いにくい。

出典http://www.オルニチンサプリおすすめランキング.com/cat2/post_11.html

1 2





korikori2さん



  • 話題の動画をまとめよう