1. まとめトップ
  2. カラダ

首、詰まってない?「首美人」になって心身共にスッキリしよう

首って、気をつけないと短くなるんです。首が詰まると息が詰まって、メンタルにも影響が。

更新日: 2016年05月06日

midori0202さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2242 お気に入り 203118 view
お気に入り追加

印象を大きく左右する「首」

首が長くてキレイなだけで
顏を何倍も美しく見せてくれる
とても大切なパーツ

首回りがすっきりしている人と
そうでない人の違いは
見た目のスタイリッシュさに
歴然とした差があります。

カラダは太っている訳ではないのに
ドテッと重たい感じが

バレエなどを習って体を整えた結果、肩が下がり首も長くなってますね。お綺麗です。

また、首が詰まる(姿勢が悪い)とそれに関連する肩や胸などの流れも悪くなり、目の疲れや浅い呼吸に繋がります。マジでいいことなし。

首を短くしている主な原因は「肩甲骨」

肩甲骨は
鎖骨とつながっているだけの
いわば浮いているような状態の骨。

そのため可動域も広い

ところが
ディスクワークなどで
前かがみの姿勢ばかりを取っていると
肩甲骨は
開いたまま戻ってこられなくなったり

猫背によって
肩甲骨が上がりっぱなしで
下げる力が極端に弱くなってしまったりします。

★デスクワークの際は、肩が上がらない位置に机・椅子の高さを調整して。

肩をあげると、肩甲骨と鎖骨が上にあがります。
誰でも肩をあげる姿勢をとると、首は短くなります。

肩が上にあがって、首が短くなる

加齢や姿勢の変化で首の筋肉が収縮したままになり、首が短く見えるようになることがある

肩が上がる→僧冒筋や首の筋肉が収縮(コリ固まる)→首詰まる

肩を正しいポジションに下げよう

1。肩に力を入れて、肩を持ち上げます。肩の先を耳に近付けるイメージでやると、やりやすいかもしれません。
2.その姿勢で10数えたら、肩の力を抜いて肩を「すとん!」と落とします。

みぞおちを引き上げると肩の力が抜ける
そして重要なポイントとして、みぞおちをキュッと引き上げると不思議なことに肩の力がスッと抜けるのです。ぜひいまやってみてください。

みぞおちが引き上げられ、「天然のコルセット」がしっかりすると、当然ながら姿勢が良くなります。これもまた首を長く見せる重要な要素

首・肩まわりのストレッチでコリや歪みを整えて

急に動かしたり、凝っている時に無理に伸ばしたりしないように。やさしく、やさしく、じっくり伸ばしてあげて。

上を向くときは首の後ろに手を添えてあげるのも◎
(しかし、肩が上がらないように注意)

「舌回し」でゆがみを整える

①姿勢を整えて
②ゆっくり口の中で舌を大きく回す
これだけ!
筋肉が凝っている人はキツイので、最初は時計周り・反時計回り10回ずつくらいからはじめて、1日に50~100回くらい出来るようになると理想的。

やってみるとわかりますが、首・背中・お腹の筋肉も動くので歪みに効きます!

姿勢がよくなり、首や肩の凝りを予防し、ひいては頸椎の歪みや病気を予防する効果が

後頭部の筋肉や筋膜の緊張で起こる緊張型頭痛、椎骨動脈の圧迫、後頭神経の圧迫などに由来する頭痛を改善にも

舌回しは自律神経のバランスを整える上で、大変有効です。就寝前に行うとリラックスするときに働く副交感神経が優位になり、よく眠れるように

寝るときにタオルを首に巻くだけでも、巻かない時より断然、首周りや目の疲れがスッキリしますよ♪

「頑固な肩こり」「V字鎖骨」の人はプロに見てもらった方がいいかも

1 2





気になったこと覚えておきたいこと好きなもの、まとめます。



  • 話題の動画をまとめよう