1. まとめトップ
  2. 雑学

芸術家だった…「ショコラティエたちの名言」に思わず感動

職人気質な方も多く、取材もほぼ断ってしまうショコラティエも多い…そのなかから、素敵な言葉を見つけました。

更新日: 2016年04月12日

lilily39さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
337 お気に入り 68450 view
お気に入り追加

考えも芸術的!パティスリー界のピカソ

芸術的な世界を表現するショコラティエ。フランスデザート界のスーパースターとも言われている。
本人の名前がブランド名になっている。

菓子はまず、見た目においしそうだという表情をたたえ、ひと口食べてみたところで、ああやっぱりおいしいと実感できるものが本物だと思う。

例えば、端からちょっとクリームが流れ出ていたりするようなもの。

欠点がある人の方が人間くささを感じるのと同じかもしれない。

まさにアーティストショコラティエ

私はあくまでもアルティザン(職人)であって、チョコレートを創り出すことに喜びを感じている。それが私のすべてだ

その他のことには、正直なところ興味がないといっていいくらいだそう。
溢れ出てくるアイデアには、いつも驚かされる。

常に、人にそしてチョコレートに愛情を持って接することができる立場でいたいから

サロン・デュ・ショコラからのバレンタインでチョコレートシーズン到来。取材したの懐かしいなー。特に印象に残ってるのは、ジャン=ポール・エヴァンさん。お人柄がとても素敵で、ショコラに対する情熱と愛情が溢れてた。繊細かつ茶目っ気のあるショコラは、素敵なお人柄そのままでした。

「ベルギーチョコレートの奇才」と呼ばれる

カカオ豆の仕入れルートの開拓、買付け、選別、融合、焙煎や精錬、すべてに至り自分の手で行っています。

PIERRE MARCOLINI ピエールマルコリーニ マルコリーニの最大の特徴はカカオへのこだわり カカオ豆の仕入れからすべて自分の手で行っています pic.twitter.com/EGwPfrqG8I

美味しいチョコに人柄がにじみでてる…!

ショコラも大人気だが、“真似のできない見事なキャラメル”といわれた「塩バターキャラメル」やクイニーアマンも好評。

私達ショコラティエは、パレットを使い描く画家、
感じることを伝えるための言葉を探している作家のようなもの

アンリ・ルルーという方の人柄に惹かれたので、氏の作るチョコが食べてみたい。

芸能人からも愛される

NHKでスイーツ番組をしたり、「アナザースカイ」も出演したりと、芸能人と変わらないような存在。
日本人だが、パリに拠点を置いている。
パティシエとして有名だが、ショコラティエとしても大人気。ショコラの格付けでは、最高位も獲得している。

チャンスって自分でつかむものではなくて、周りの人や目上の人が「やってごらん」って背伸びすれば取れるくらいのところに置いてくれるものなんですよ。

チャンスをもらったら、喜んでいる自分でお返し!

相手が男であれ女であれ、「あいつ、なんかかわいいな〜」と思われない人はダメ。人に会うときはパワー全開!!

カウンターごしにお客と向き合い、厳選した素材を使い、『どうだ』とばかりに出す。客が週に何度でも通ってしまうような寿司屋が目標

1 2





lilily39さん



  • 話題の動画をまとめよう